櫻井慎也ブログ


2017年06月27日

土曜日は仙台から山形、庄内へ移動。




be6318a8.jpg

d3db6e7d.jpg

97a211c8.jpg

efb60acb.jpg

8a51fe0d.jpg

法事で10ヶ月ぶりに妻の実家へ。
かなりの弾丸ツアーだった。
いつものごとく食べ切れない飲み切れないほど
もてなしていただき感謝感謝。

あれから10ヶ月。
早いような遅いような。
不思議な気分になるね。

さて、最近思ったことを書こう。
職人.comはどういう役割なのかと考えると、
ただ単にその場限りの理念やビジョンを掲げて、
結局は創業者の自己実現でしかない会社ではないと思いたい。

最近色々と何かしなきゃ、
驚かせなきゃと考えていたと思う。
親や周りの人たちに自慢してもらえるようになりたいって。

確かにそれは大事なことでもある。
ただそれだと決定的に足りないことがある。

改めて言うまでもなく、
いつも他人の評価に自分の幸福度が依存してしまっているということ。

今日もたくさんのご注文を受けて発送して、
たくさんの方々に我々の選んだものを買っていただいた。
お客様は目的の品があって買われていることも多いが、
当店があって初めて購入に到ることも実に多い。

最近では馬毛歯ブラシや木屋の爪切り、
東屋のジューサーや米びつなど。
あ、小笠原陸兆のおにぎり焼き器はここ3ヶ月で数百個だ。

これらは当店が販売する前に既にあった商品なのだから、
かなり独力で築いた結果と言っても良いだろう。
ご家庭の景色を変えているわけだ。
責任を感じないわけがない。

だから欠陥商品などもってのほか、
ほとんどが自宅で使用しているもの。
自信を持って勧められるし、
贈答品には僕ら自身が送らせていただく。

とまぁ、そんなことをやれていることに気付くわけだ。
何て幸せな会社を運営できているんだろうと。
現状で満足しようと思っているわけではない。
全く違った視点において、
他者評価に依らずして幸福な会社、人生に、
考え方一つで気付くことができる。

何を目指すにしても、
このベースが大事だなと思った。
これが無ければブレてしまう。
もっと売上の上がる業態も考えるだろう。

今週も来週もおそらくたくさんの商品が加わる。
何て楽しいんだ。
もっともっと多くの生産者と関わっていこう。
もうすぐ100社。
150社、200社となれるようにスピードを上げていこう。


sakuraishinya at 00:24コメント(0)

2017年06月24日

金曜日は仙台へひとっ飛び。




61b7239e.jpg

007ee1b3.jpg

c522785f.jpg

b4741607.jpg

a68d8d8f.jpg

妻の実家の法事のため、
仙台へ飛行機で。
クラフトビールマーケットというところで、
たらふく飲んで隣のスペイン人と超盛り上がった。

その後、やはり外せない仙台っ子ラーメン。
美味い、美味過ぎる!!
夜中の1時半にえらいの食べた。

でもそれで終わらず、
ペヤング激辛があったので、
インド人に食べさせたシュールな動画を見たばかりだったため、
思わずダメ押しで買ってもうた。
生まれる前から不眠症ブログみたいなノリで。

なかなか美味かったが、
次の日腹が痛くて大変だった(笑)。
本当に俺は腹が弱いな〜。
困ったやっちゃ。

というわけで金曜日の記録。


sakuraishinya at 23:26コメント(0)

2017年06月22日

写真アップの日。




0aa1ac76.jpg

69c66b6c.jpg

94a5304e.jpg

17ff8fcf.jpg

572c74f1.jpg

全然仕事終わらんかった。
本当は新商品の写真まで妻が撮ってくれたのに。
ありゃま、体力の差か?(笑)

まぁとにかく素晴らしい連携プレイだわ我々3人は。
凄いよ本当に。
そして素晴らしい取り扱い商品の数々。
日本にはたくさん素晴らしいものがある。

麻婆豆腐丼を食べたそうな顔してたら、
超大盛り作ってくれた。
撮影の次は料理まで!頭上がらん。

明日は新商品アップしよう。
来週もたくさん加わる。
誰もが認める世界一の日本製工芸品オンラインストアを目指して、
明日もマイペースでやろう。


sakuraishinya at 23:16コメント(0)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで120カ国以上を旅しました。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ