櫻井慎也ブログ


2018年02月25日

加速度的に世界が拡がる近頃。




27c46f07.jpg

3ec4d6e1.jpg

b486e8f2.jpg

a30ac18f.jpg

28eebbde.jpg

色々とこちらから頼んでもいないのにご紹介していただける近頃。
淡々とやってきた成果だろうか。

弁護士やっている大学の同級生と何と16年ぶりに会った。
これもFacebookの縁だから、
やはりFacebook万歳と言わざるを得ない。

そして京都在住のカナダ系モンゴル人のナイスガイを紹介してくれた。
日本でのビジネスの仕方をとのことだったが、
口で教えられる秘訣などあまり無いので、
世間話から始まり世間話に終わった。
いや、だいぶ面白い話をたくさんしたが。
今年度モンゴル行ったのでタイミング良かった。

中国人にモンゴル人に香港人に、
色々とご紹介いただけるなぁ最近は。
どういうバイオリズムなんだ?
そろそろ台湾人が来そうだな(笑)。
ホンマに来たらだいぶ面白い。

というわけで、昨日から熱出て大変だったが、
一日中寝て見事一日で回復。
俺は頑張ったぞ今日は。
てことでよく飲んだ。
タクミヤ、タカノヤに感謝感謝。


sakuraishinya at 00:27コメント(0)

2018年02月22日

あと30分で37か。




95d0fad9.jpg
いよいよ37。
最近加速度的に速く感じる。
36は何が出来たかな。

ちょいと振り返ると、
旅するたびに上場したいと思っては、
心地良い町家に長期間いるとそんな面倒で金がかかることはしたくないと思ってしまう。
またデメリットばかり見えてしまう。
視点を変えるために環境を変えたら良いのかな?

この町家で働くのは快適で、
お金はあまりかからない。
家賃はかかるが倉庫、ショールーム、事務所、撮影場所、自宅を兼ねているので、
まぁ安すぎるだろう。

快適だ実に。
だがその快適さが仇となることも想定しながら、
この町家と付き合わないと、
あー俺はラッキーで人生が終わる。

どうしたもんじゃろか。
最近、というかずーっと自分の実力不足に苛立っている。
何でもっと業績は伸びないんだろうって。

思い切って何かを変えたいといつも思っているが、
手にした幸せを手放したくはない。

でも何で上場なんだろうね。
オリンピックを目指すみたいなものか?
上場なんてしたところで何にも変わらないと思う。
あ、また冷めた見方をしてもうた。

IKEAのように財団管理が向いているかもな職人.comは。
財団が職人.com株式会社唯一の株主になる。
さわかみ財団のように。

それが良いかも。
やるなら早い段階でやったほうがいい。
そんなことを考えて、行ったり来たりをしながら何年も何年も経ったね。

生きているって悩むことなんじゃないかというぐらい
いつも悩んでいる。
職人.comを上場させるのが夢だったが、
業績悪化して買収されてあっさり名前変えられたら、
多分上場したことを人生最大の失敗と思うだろう。

自分の足跡を遺すにはどうすれば良いか。
上場以外にも今なら色んな選択肢がある。

そんな感じで37も悩み多き青春の日々になりそうだ。
成長できそう(笑)。
ま、とりあえず今年は中国語元年なので、
どんどん売上伸ばすぞ。


sakuraishinya at 23:50コメント(0)

昨日はだいぶおもろかった。




昨日は会社でめちゃめちゃ朗報があったので、
お祝いにタクミヤとタカノヤに行ってきた。

タクミヤでは隣のフランス人に話しかけたところ、
また色々と教えてもらった。

何と元医者で8年働いてたんまり金を稼いで、
アパート買って、今は大好きなパリのクラフトビール屋で、
発注担当として働いているそうだ。

で、悠々自適に日本で3週間の休暇を取りながら、
日本のクラフトビールを飲んでいたところ。
アジアで最後に来た国が日本と言っていた。
お世辞抜きで京都は素晴らしいと褒め称えてくれた。
京都とパリの相性が良すぎてびっくりする。さすが姉妹都市。

またパリで行けるところが増えたなぁ。
先日は世界を代表するペーパークラフトデザイナーさんとタクミヤで会えて、
パリに来たら「ためらわずに会社のショールームに来て!」とメールまでくれたし。

妻はパリが初めてなので、色々と回れそう。
僕はフランス人と実に相性が良い。
まぁそう潜在意識に浸透しているからそうなるのかもしれないが。

というわけで、お客さんも多いフランス。
最近は英語をしゃべれる人が激増した。イタリアも同様。
これからもやっていこう。


sakuraishinya at 10:34コメント(0)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで128カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ