櫻井慎也ブログ


2016年12月01日

定期的に溜め見するテレ東のオンデマンドを見た。




ストライプインターナショナルの石川社長、面白かった。
あ、アースミュージックアンドエコロジーの社長ね。

この500円の実に良い。
毎月契約する必要はないかと。
半年に一回でも十分。
http://txbiz.tv-tokyo.co.jp/

カンブリア宮殿やジパング、ガイアなどの
興味のある回だけを見てる。

うちはテレビないんでね。
テレビなくてもiPadやGyaoでテレビ番組見てるから一緒なんだけど。
彼らの制作能力には誰も敵わないんで。

というわけで、一年を振り返りつつ、
これからの計画を立てるかな。

明日はまたビアパブタクミヤさんで知り合った
建築事務所で働く女性が仕事終わりに見に来られて、
そのまま飲みに行く予定。

面白いね毎日。


sakuraishinya at 23:25コメント(0)

2016年11月30日

やったー!!!完璧に綺麗にまとまった日。




最高の気分だ!!!
長らくどのようにしていこうかと思い悩んでいたが、
いやーシンプルに美しく、でも自由もありの形に持っていくことができた。

具体的に書くと、海外生産品を販売する姉妹店をやめようかと思っていたが、
大事な仕事だし、いずれ海外に行ったときに扱いたいと思うので(絶対)、
そういうある意味ガス抜きというか遊びというかゆとりというか、
その類の欲求を満たす上で、絶対に必要だと思った。

で、jp2というアドレスにしていたが、
これがどうも好きになれなかった。
そこでひらめいた。jpsにしようと。
姉妹店のsでもあるし、
サブのメインではない小さいものということにもできて、
また櫻井のsでもあるということでjpsにした。
https://www.shokunin.com/jps/

これで元気百倍なわけだ。
また、社会活動ブログと名前を変えたりしていた職人.orgという
ブログメディアもやはり職人.orgで行くことにした。
職人.com社会活動ブログだとやはり気合いが入らない。
職人.orgと付いているから頑張ろうと思う。

あとは公式ブログを「職人.comブログ」に、
英語ブログは「Shokunin.com Blog」に。

このブログは職人.com櫻井慎也ブログから櫻井慎也ブログに。
こちらは自由に更新させていただきたいのでね。

ていうことで、とても嬉しかったなぁ。

今日はビアパブタクミヤさんで知り合ったご夫婦の方が
わざわざ来てくださった。そしてHASAMIのブロックマグビッグをご購入。
我々も毎日使用しているものなので嬉しいな。

こちらの滋賀県は信楽の小川亭の方!
ぜひこちらの宿にも行ってみたいなぁ。

というわけで色々と整理できた記念すべき日。万歳。


sakuraishinya at 19:04コメント(2)

2016年11月27日

シーク教徒とご近所夫婦が来られた。




面白かった!
実に深い話もでき。
元は僕の紹介だが、今や妻が唯一の連絡窓口のご近所付き合い。
妻が芋煮会をやろうということで、
色々と持ち寄りで。

僕は何にもしないまま、
席に座りひたすら日本酒頂いて語った(笑)。
人生で悩まない奴はいない。
ただ、悩みの中身で、ある意味人が分かる。
同じような悩みを抱えていて、こちらも大変驚いた。

これで良いのかな、今回の人生はこれで行こう、
いや今回はこれもやれるのでは、
違う、これは今回やるべきではない、
という感じの葛藤を抱えながら生きている。
何のこっちゃない、僕の場合は世界生産の自社ブランドね。

あ〜あ。どうなることやら。
どうにも諦めがつかないんだよね。
会社2個やってもいいよね。
前もやってたし。
ただ思いはあるけど才能が無さげなんだよね(笑)。
これも悲しいかな、笑えるところだ。

改めてどうなることやら。
人生設計しないと。

僕の中ではやはり、
職人.comと自社ブランドの会社の二つと、
文化保全団体を一つ作りたい。
これが僕のやりたいことだ。
来世に生まれたときにも素晴らしい世界であるように。

iPhoneから送信


sakuraishinya at 23:40コメント(0)


プロフィール

2004年から日本製工芸品通販の職人.comを運営しています。一人旅が好きで、これまで約120カ国を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。


アクセスカウンター

    記事検索
    Archives