櫻井慎也ブログ


2017年02月25日

自分基準の幸せを模索中。




64bcbf16.jpg

8df89d88.jpg

3d770301.jpg

9055b112.jpg

816071d4.jpg

最近勝つことにこだわりすぎて、
いまいち空回りしていた気がする。

36歳になった。
飲んだくれた。
楽しかった。
23日と24日で、
雑誌のゼクシィプレミアさんと、
ネットメディアのルーミーさんに紹介していただいた。

そうそう、本質的に価値あることは、
他人や他社と比べてどうとかではない。
一番になるとかならないとかは、
本質的に価値あるものではなく実は相対的なものだ。

僕は、いや職人.com株式会社は、
本質的に価値があると思うことだけにこれから力を入れていこう。

具体的には週末だけでも田舎暮らしがしたい。
と言っても会社のサテライトオフィスにするので、
撮影やそこでしかできない暮らしを発信して、
移住しなくてもできる地方創生に一役買いたい。

やりたいことをやっていこう。
人生なんて難しく考えるものではない。
勝手にしやがれだ(笑)。


sakuraishinya at 15:11コメント(0)

2017年02月22日

あと少しで35歳最後の日が終わる。




本当に早いね。
そんな当たり前な宇宙の流れを書いてもしょうがないか。
ただこういう自分の日記を見返すと、
なかなか面白いから素直に書いておこう。

本当に叶うことと叶わないことがある。
でもひょっとすると叶わなくて良かったこともあるのかも。
そんな気がする近頃。

たとえば、昔からなかなか大きくならない我が社だが、
それはそれで良い学びになっているのかもと。
また、そもそも大きくなって大事なものをなくしてしまうのを
防いでいるのかもしれないとも思う。

そういうことも幾たびも感じてきたことは確か。
たとえばやたらと大きくなって町家から卒業となれば、
それはそれで失うものは大きい。
この暮らしの中で撮る写真や選ぶ商品が好きなお客さんは、
少しがっかりされるだろう。

そんなことを思いながら納得する35歳の終わり。
いや、全然納得せず悩んでばかりなんだけどね。
今日も上場を目指すべきか否かで悩んだり。

うちのお客さんはそんなことを望んでいるだろうか。
そう考えていくとちょっと違う気もする。
日々良い商品を加えて良いサービスをすると考えたけど、
何か大きな目標がないとやっぱり元に戻ってしまう。

でもほぼ日が上場するけど、
それは正しい選択だったのかどうかなんて誰にも分からない。
糸井さんは個人事務所から公益なものにしたかったのは良く分かるが、
お客さんや社会がどう判断するかは分からない。

どう転んでも後悔ないように生きた者勝ちだけどね。
ではその後悔のない道って俺にとってどれなんだと。

もう行ったり来たりで疲れ果てた感はある。
誰もがこうやって悩んでるんだろうな。
でも毎日こうやって町家で快適に暮らして、
今日はフルボディのアルゼンチンワインを飲んだが、
うまいうまいと言いながらDVDで映画を観て。
そんな毎日が幸せであることは間違いない。

何か遺したいな。
それは間違いなく職人.comという店だ。
それがあるだけ幸せだが、
どういう形で遺すのかが一瞬でも曇ると途端に悩む。

最も良い影響をもたらして、後悔がないもの。
グラミン銀行やパタゴニア、ボディショップのようなものを遺したいと
ここ5年ぐらいはずっと思ってきた。

それが
1.オンラインストアだけで完結するものなのか、
2.ショールームをここで拡げていくものなのか、
3.ここではなく国内外に作るべきなのか、
4.やはり手段はどうあれ上場することでインパクトをもたらすことなのか。

たとえば4つの選択肢がある。
こういうのがぐるぐる頭の中で回って、
一つのことにしか集中できないため、うーん、となるわけだ。

1ヶ月ぐらい何にもしない安息月を取りたいよ。
そうしないと長期的な視点を持てない。

まぁまた何百回目かの悩みを頑張って解決しようか。
そのうちパッと浮かぶので。


sakuraishinya at 23:48コメント(0)

2017年02月17日

三ヶ月ほど続いた雨漏りの工事がやっと終わった!!




8b3432e5.jpg

6bdc4940.jpg

61f1c953.jpg

いやー昨日は弾けたね。
ようやく隣の第2オフィスの雨漏りの工事が終わり、
やっとまた美しい姿を見せてくれるようになった。
長かった。
ショールームにわざわざ遠くから来ていただいた方にも大変申し訳なかったし。
大工さんお疲れ様です。ありがとうございました。

いつものキッパーズケルシュ今出川店で
ハッピーアワーぎりぎり入店駆け付けバスペールエール2杯をして、
久しぶりに鳥貴族に行ってみた。
ガヤガヤ学生がうるさいので奥さんが大嫌いなのだが(パクリの鳥二郎はさらに)、
1ブランドで1部上場企業まで登り詰めた尊敬すべき先輩だから見に行こうぜと。

結果、やはり奥さんはダメみたい…。
どうもうるさい学生が多い店はテンション下がるようだ。
まぁ大いに分かるが。

しかしいつも流行ってるね。
個人的にはビールがキリンだったときの方が好きなので、
サントリーに変わった時点で、
ハハーン、上場前に利益率向上の施策が行われたかと思った。
まぁプレモルも良いんだけどね、
やはりあの1リットル近くあろうかというデカ淡麗が忘れられない。

で、まぁ色々といつものように仕事した一週間だ。
社員が風邪引いて大変だったけど。
わずか2日で治って良かった。

これから目指す売上が決まった。
日商平均で150万。
これを毎日やればおそらく
日本製工芸品オンラインストアでは
世界一ではなかろうかと。
他にあったら教えてほしいぐらい。
大いに参考にするし(笑)。
幸か不幸か市場規模が小さいのでね。
瞬間風速では何度もこなしたことはある売上なので、
日商ベースで考えるのはできそうな気がして現実味が増す。
年商ベースでは5億だね。

今後は発送スタッフの育成が肝になってくる。
受注システムはこのまま行くことにした。
やれるところまでアナログシステムで行こうかと(笑)。
これが意外ときめ細かくできるんで重宝してるんだな。
いずれにせよ自社独自の積み上げたノウハウほど大事なものはない。
早道があるのかもしれないけど、
それが目の前に危機や機会として現れない限りは、
無理矢理取り入れるだけ見当違いになることも多いので、
そのまま行こうかと思っている。

てことで4月から働きたい人は連絡してね。
13年会社をやっていて、コネ入社が一番信用できると思った。
でもまずはバイトからこなしてもらう。
いきなり正社員は今後はない。
こっちにも見定め期間が必要。無期限で。
ここはシビアに行かせてもらう。
バイトでも職人.comに加わりたいと思ってくれる人を大事にしたい。

そんな感じでやっていこう。


sakuraishinya at 08:21コメント(0)


プロフィール

2004年から日本製工芸品通販の職人.comを運営しています。一人旅が好きで、これまで約120カ国を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。


アクセスカウンター

    記事検索
    Archives