櫻井慎也ブログ


2018年02月09日

何を捨てるかの決断が人生で最も重要。




最近職人.comでは英語・中国語と同じ、
ブランドごとの表示に変えたが、
なぜこの形式に変えたかというと、
無限の広がりがあると思ったからだ。

カテゴリー表示だと、食器とキッチンに被る商品が多数出てきて、
また、その2つが他を圧倒するようになってきて、
もっと個性あるメーカーさんに加わっていただきたいのに、
食器・キッチン以外を探そうとなってきていた。

もちろん途中までは最高にうまく作用してきた。
月商で1千数百万まではうまく行った。
だが、これから月商1億とかを目指すには限界があるのと、
手動管理のため大変手間がかかり、また見た目も悪くなってきた。

そういうこともあり、海外向けページを見るとスッキリしていて、
文字の違いかなと思っていたが、中国語もスッキリしている。
これは表示の形式の違いだなと確信した。

そこで一時的に売上が減るのは覚悟の上で、
おそらくオンラインストアでは珍しいカテゴリー表示のない店ができた。

確信が持てる美意識を持っているかどうかが、
今後はどの仕事をするにおいても重要だと思う。
美意識はいくら数字を眺めても形成されない。
人生観や経験、読書、人との出会いなどで形成される。

出会いと書いたが、誰かが何とかしてくれると考えている人には、
美意識は一生宿らないだろう。

これからも自分の中の美意識を高めて、
自信と勇気を持って変化していきたい。


sakuraishinya at 10:58コメント(0)

2018年02月08日

人生初のビアマッコリと10年ぶりのバラライカ。




2fa3f527.jpg

4977ff67.jpg

最近の口癖のような「早いもので」。
早いわホンマに。
もうすぐ37。驚きだね。
今若い人たちもあっという間にこういうオッサンに早変わりするのでお気を付けください。

父親の還暦祝いをした時に、
まさか自分が60になるなんて、と父が挨拶したが、
皆自分が当事者にならないと本当に身に染みないのだろう。

時は足早に過ぎ去っていく。
幼稚園の時に母親に車で送ってもらったことなんて、
すぐに思い出す。
人間の一生なんてそんなもんだ。
短いと思えば短い。

だからこそ、何をやるか今決めよう。
どんな立場でも良いから、
自分はこの分野をやるんだ、
こういう生き方をするんだととりあえず言っておこう。

あとでもちろん変更もあるかもしれない。
しかし今覚悟を決めることで、
本気になることで、初めて見えること、
成長しなきゃいけない課題が見える。

僕は売上で言うと1000億の会社にして、
shokuninを世界語にして、
世界中の人が自国の伝統技術や文化にチャンスや価値を感じられるような仕組みを作りたい。
それをすることが世界平和や自然を敬うことに繋がると思うからだ。

人間社会に生まれた者として、
これは一種のゲームと言えるだろう。
生きるか死ぬかの人たちがいる中で不謹慎かもしれないが、
幸い僕らはそのような場にいないので、あえてゲームという言葉を使わせていただく。

ゲームという言葉の何が良いかと言うと、
終わりを実感できることだ。
皆ゲームのエンディングを経験していると思う。
では自分のエンディングをどうしたいのか?

遅かれ早かれその時はやってくる。
さて、今日も良いエンディングを夢見るとしよう。


sakuraishinya at 00:03コメント(0)

2018年02月07日

何から書いていいか分からないほどの




56865ce5.jpg

980fd3e9.jpg

5421726f.jpg

4f31d555.jpg

b4539927.jpg

濃い香港出張だった。
香港式のもてなしは想像を絶していた。
HOWジャランジャパンのスタッフさんには本当に感謝。

余りにも濃い3日間だったので、
しばらく日本に馴染めなかったぐらい(笑)。

今日は無理矢理馴染むためにタクミヤにクソ寒い中行き、
日常に戻してきた。

明日からも引き続き発送だ。
僕らがわざわざ香港から招待を受けた理由は、
この日常にある。
これからも淡々とこなしていこう。


sakuraishinya at 00:35コメント(0)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで128カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ