2016年12月30日

ボローニャ散策した後フィレンツェに。

09f2af10.jpg

01dc1542.jpg

e9b96b61.jpg

8728ac56.jpg

acedbae1.jpg

何の運命か四年前に妻と出会ったときに一緒に飲んだ
マーフィーズというギネスのようなスタウトがあり、
懐かしくてまだ午前にも関わらず飲んだ。
UKパイントで5ユーロ。安い。
まぁアイルランドのゴールウェイでは3ユーロだったが。
UKパイントで。
日本でマーフィーズを見たことないがおそらく千円超える。

大変綺麗なボローニャの中心地。
ボロネーゼソース、つまりスパゲティミートソースの発祥の地ということもあり、
結構な美食の地だった。
だいたい美味かった。ワインも。
値段もそこそこしたけど。
だいたい二人で飲んで食べて50ユーロ。
まぁこれは経験を買っているので高いとは思わない。
ひたすら食べたことのないものを貪欲に食べる。

ただフィレンツェに来て息切れ。
野菜が足りてない。
で、移民がやっているケバブの店で
今日は生野菜をたくさん食べた。
ようやく落ち着いてきた。
やっぱり野菜食べないと駄目だわ。
しかも値段が半額以下だね。感謝感謝。
並んでる客も移民ばかり。
そうそうイタリアはアフリカの移民がやたらと多い。
内戦の難民とかで来たのかな。
結構移民は移民でかたまってるね。
ご飯もそんな感じ。
とっても優しいけど保守的なイタリア人社会で馴染むのは大変だろうな。
まぁ仲間はたくさんいるようなので楽しく暮らしてそうだが。

日本に住んでいるとなかなか感じないけど、
ヨーロッパやアメリカの都会は小さい地球のように人種のるつぼだ。
世界を身近に感じられる環境は色んな問題があって大変だけど成長に繋がる。
何でも一長一短だわ。
ていうことで今夜は飲まずに10時に寝る。

sakuraishinya at 06:07コメント(0)

コメントする

名前:
  情報を記憶:
 
 
 



プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索