2017年03月17日

クールジャパン機構の方が訪ねて来られた。




5f7f014b.jpg

91f63731.jpg

aa1a0c04.jpg

33becfa9.jpg

f503e973.jpg

忙しい一週間だった。
とても充実している。
妻が飛ばした大ヒットのおにぎり焼き器が昨日128個届き残り8個。
大変素晴らしい。

さて、滅多にご来客のない我が社。
社外の人に会うことも滅多にない。
政府系の方が来られるということで驚いた。
相変わらず存在感のない我が社だが、
薄味なことが何度も味わえるという好循環になっている。
京都の味に学んだ。

僕らのスタンスは、僕ら自身が目立つ必要はないということで一貫している。
もちろん取り上げてもらえるに越したことはないが、
目立つということにあまり意味を感じない。

主役はあくまでお客様であり職人さんだ。
僕らはその橋渡しをする。
そのストイックさが好きだ。
場作りというか。

商品の良さを見出し、
お客様に魅力を訴求し、
メーカーさんも何が起こったのと聞かれるほどの受注を取る。
これほどの楽しみはない。
いつの間にやら関わっているような存在が良い。
だからキャラが濃かったら飽きられるので薄味の方が都合が良いのだ。
電話に出るのはいつも僕だが誰も社長だとは気付いていないだろう。

これからも潤滑油のような役割を徹底していこう。
意外とインフラはマーケットがでかい。
ユニクロがパーツに徹したことで、
圧倒的日本一になったように。
職人.comもそうありたい。




sakuraishinya at 23:20コメント(0)

コメントする

名前:
  情報を記憶:
 
 
 



プロフィール

2004年から日本製工芸品通販の職人.comを運営しています。一人旅が好きで、これまで約120カ国を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
アクセスカウンター

    記事検索
    Archives