2017年06月12日

食べたもの以外何も載せるものがない近頃。




914f39e0.jpg

9ec86b36.jpg

6b3d5f36.jpg

6db28cbd.jpg

9051540d.jpg

最近の土日の目的はいつも無になること。
何だか最近の自分に納得がいってない。
本当に何でこんなに小さい規模でやってるんかなぁ。
天国のおじいちゃんに怒られるな確実に。

本当の理想を言えば1000億だが、
もう少し現実的に言って、
どうして10億じゃないんだと思った。
夜走りに行って駐車場でストレッチしながら思ったね。

やはり人々の生活に入ってないからだろうな。
たとえば今から新しい会社を始めるとして、
絶対無理だけど100円ショップを作るとする。

そうすると今ご覧の読者も一個ぐらい武士の情けで買うたろかとなるはずだ。
それは100円ショップという概念が浸透していることや、
予測ができること、
失敗しても何とも思わないこと、
既に何百回も買っていることなど数え上げるとたくさん。

これの合計額が市場規模になる。
うちで販売している日本製工芸品はどうか。
もし買ったことがなければ、
どんなに暮らしを豊かにしてくれるものか知る由もない。
何なら道徳的に、チャリティー的な感覚で、
日本製のものを消費しようとなる場合もあるだろう。

そんな感じの方々もおそらくちらほら見られるのが、
この僕が販売しているものの市場だ。
それで100円ショップより規模がでかくなるわけがない。

こんなに美味しく炒飯を作れるのは山田工業所の打ち出し片手鍋しかないし、
小笠原陸兆のふた付きミニパンやおにぎり焼き器ほど
鉄分を取りながら気軽に美味しい料理を作れるものもなかなかないし、
当然タダフサの包丁ほど鋭利に切れる包丁はなかなかない。

使ってみると今まで使っていたものって何だったのかと痛感することが多いが、
使ってみるまでは当然分からない。
切れない包丁を何度も使い捨てして、
料理の時間を無駄にしていたことに気付くまでは、
おそらく良い包丁を買おうと思わない。
どれだけ味が変わるかに何かのきっかけで気付くまで、
銅製卵焼き鍋は買わずにテフロンのものを買い換えるだろう。
僕だって100%そうだ。

とにかくきっかけ作りだ。
どれだけ僕らや職人.comのお客様の生活が豊かかを知っていただきたい。
知っていただければこれから買われるものが全て、
僕らの販売している基準のものになるはず。

美味い酒を知ったら、
まずい酒は卒業するように。
まずい酒は体に悪いし、人生がもったいない。
美味い酒を飲もう。人生は短い。

そんな感じできっかけ作りをしていこう。




sakuraishinya at 00:24コメント(0)

コメントする

名前:
  情報を記憶:
 
 
 



プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで120カ国以上を旅しました。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ