2018年03月09日

激動の人生を生きた祖母の葬式に行ってきた。




d4217f2c.jpg

8914d0b0.jpg

誰もがいつかはこうやって自然に還る。
また一つの生命が旅立った。

戦前、戦争、終戦、戦後、
結婚、関西への引っ越し、祖父の会社創業、
高度成長期、事業拡大、バブル、バブル崩壊、
事業失敗、借金20数億でRCCの管理下に、
父による会社再生、祖父との別れ、
おじさん一家との共同生活を経て亡くなった。88歳。

ここまで濃い時代は、僕たちは経験できないだろう(戦争は絶対に御免だが)。
本当に凄い人生を生きたと思う。

若い頃の写真はモデルのように美しかった。
僕もこんな濃い人生を歩みたい。




sakuraishinya at 00:08コメント(0)

コメントする

名前:
  情報を記憶:
 
 
 



プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ