2018年10月18日

引っ越すとどんな人生で引っ越さないとどんな人生か。




image

ずーっと見て妄想している。

理想的な素晴らしい日本家屋。
全てが完璧というものはない。
あったとすれば価格が何億円、何十億円だ。

今住んでいる家を売ってもらえなければ
ここを出て行かなければいけないので、
色々と考え時なんだよね。

どんな人生が待っているのか。

人生ではやったことは後悔しないという。
ただ全てをやるのは難しい。
やっておけばよかったのに、とたびたび思うことはやった方が賢明だろう。

それが僕にとったら上記のようなことだ。
なぜそうしたいのか、
自分というちっぽけな存在がなぜそれを求めているのか、
それをしたところで、しなかったところで地球は変わらず動くだろう。

やりたいこと、やらない方が良いかなぁと思うこと、
色んなことを考える。

サラリーマン人生を辞めた時点で、
それまでの人生は終わり、
新しい人生が始まった。

どうも自分は日本の素晴らしい文化と風土の中で暮らしながら、
異文化との交わりを感じて、
交わりの中でできることをやっていきたいのだろう。

これが大きな枠にある。
というわけでどうするか。
あとで振り返って面白かったと思える人生を歩みたい。




sakuraishinya at 00:47コメント(0)

コメントする

名前:
  情報を記憶:
 
 
 



プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ