2019年03月05日

後輩が訪ねてきてくれた。




image

image

image

物凄い久しぶりの後輩が突然。
20年ぶりでしょ普通に(笑)。

仕事のスケールがでかくてやばかった。
何と事業を買い取って20倍ぐらいにして、
とてつもない金額で売却したそうだ。
ポカーンとしちゃったよ(笑)。

これからやりたいことが結構うちのやっていることと被っていたようで、
いいんじゃないやったらという感じだった。
高校のときはしゃべったこともなかったと思うが、
色々交差することもあるね。

本当に隣の人がどんな仕事をしているかも
全く想像がつかないほど自分のことしか知らない。
色々聞いてみると面白いかも。

あとで揉めるのが嫌なので、
仕事はメリットデメリットでしか判断しない。
それが一番良いと思う。
飲んで気が合うとかはオマケだ。

信頼してたのに裏切られただの言うのは、
見る目のない負け犬の遠吠えでしかない。
そんな愚痴を言ってる時点で情けない。

ということで、ちょっと我が社の立ち位置も色々と考えないとね。
強みに一点集中すると考えれば、
その他の業務をやってくださる全ての同業者さんがパートナーになったりする。

人生は短いので、一気にやってみるのもいいな。





sakuraishinya at 00:20コメント(0)

コメントする

名前:
  情報を記憶:
 
 
 



プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ