2019年04月19日

BEER PUB ICHI-YAさんに行ってみた。




image

image

image

image

image

いつもタクミヤ、タカノヤなので、
たまには違うところへ。
帰路とは反対だが三条ショールームから近い。
数え切れないほどの飲食店があるここ京都。

何て幸せなんだ。
皆さん一泊1万2万払って来られてるわけだから。
宿泊の観光客として来たことがないのでありがたみを感じにくいのがアホなところだ。

美味しかった。ビールもご飯も。
素晴らしいね、本当に。

でもふと思うね。
あれ俺、何で仕事でもないクラフトビールにこんなにお熱なんだろうって。
ゼロになる時間が必要なのは分かるが、
のらりくらりと過ごしていて良いのかと思う。

最近気付いたことがある。
人生は周りに気を使って、早めに後世に譲って引退とかするのではなく、
やりたいようにやったもの勝ちだろうという意外なこと。

あんまり世代交代と叫んでも、
またそもそも起業家なんて教育できない。
実践あるのみだろう。

だから英才教育なんて施すのはむしろ逆効果では、と。
自分で起業させるのが一番だろうが、
社内で育てるには手取り足取り教えるのではなく、
何も教えず勝手に育てが結果的に良いのではと思ったり。

なかなか難しいでしょ。
考えてもしょうがない。
でも自分しか知らないことは少なくともメモしとかないとね(笑)。
パスワードとかタンス預金のありかとか(笑)。

明日は包丁が186本入荷する。
随分出せるなぁ。長いよ、3年待ちの包丁は。
責任が半端ない。
たまに御社が潰れたら払ったお金どうなるんでしょ?と不安そうなお電話あるし(笑)。
いや、多分大丈夫ですよ15年やってますしと答えるけどね。
というわけで明日もやるか。




sakuraishinya at 00:06コメント(0)

コメントする

名前:
  情報を記憶:
 
 
 



プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    最新記事
    月別アーカイブ
    記事検索