2019年05月08日

アルバイトさんが卒業すると切ないね。




image

韓国語の翻訳をやってくれていた
アルバイトの高田さんが昨日を最後にいったん卒業。
まさかの韓国語ができるという面接での報告に、
えっ!て感じだったのが去年の夏。
お母さんが韓流ドラマが好きだったことで子供のときに一緒に習わされたのがきっかけ。

今から覚えようと思っても40近くなると
新しい言語が全く入らないね(笑)。
数回発音ぐらい覚えようと見たがさっぱり。
韓国人には日本語しゃべってもらい、
すみませんポンコツ頭でとしか言いようがない。

高田さんのおかげで5言語目の韓国語が立ち上がった。
実は韓国語の市場規模は国内においては英語、中国語に次いで3番目だろう。

大急ぎで完成させていただいて、
タイミング良く入ってくれたネイティブスピーカーの朴さんにバトンタッチ。
感謝感謝だ。

というわけで、また帰ってくるかもしれないので(笑)、
しばらく席を空けて待っていよう。

かれこれ産休や就職などで3人が卒業した。
また卒業生も含めて飲み会をしたいね。
滅多に飲み会のない我が社なので。

てことで、福岡土産の美味しいカステラを頂きながら、
しばし振り返ったとさ。
一晩明けた今日は忙しすぎてやばかったが。

今後の戦略も練られてばっちりだ。
さぁ、明日からもやってやろう!




sakuraishinya at 00:23コメント(0)

コメントする

名前:
  情報を記憶:
 
 
 



プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ