2019年06月18日

タカノヤで松山陶工場の行平鍋の写真を見てきた。




image

まぁ、単純にそれが目的で。
いやー感慨深いな。
どんな料理に使われるのかな。
千葉さんに期待だ。

サイダーも飲んできた。
サイダーフェアやってたので。

てか何で人は飲むんだろうなぁという疑問。
ここに来る人は社会的ステータスのある方ばかり。
一杯1200円から1500円のビールとか結構謎な感じだろう。
価値が分かる人たちといつもおしゃべり。

数知れないほどの学びもあったし宣伝もできた。
ただ本質的には第3の場というのが正しい立ち位置だろう。
仕事と家の中間。
皆息抜きをしたいし、
それをすることが仕事にとっても良い。
リフレッシュ休暇を短く取っている感じ。

いや、もちろん毎回物凄い楽しいというわけでもない。
だが、それが人生らしい。
自然でありたい。
適度に適当なのも良いところだ。
作られた笑顔なんて見てもしょうがない。

というわけで我が社もさりげなく行き届いている
気楽な店でありたい。




sakuraishinya at 00:38コメント(0)

コメントする

名前:
  情報を記憶:
 
 
 



プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    最新記事
    月別アーカイブ
    記事検索