2019年09月19日

久しぶりにスターバックス成功物語という名著を読み返している。




いやー面白い。野心的。一念発起したい人には最適だ。
自分の資金だけでやろうとしているのが物凄く小さい行動に思えてくる。
最初から今まで持ち株比率が50%を超えたことがないなんてね。

印象的なのがスターバックスには特別な焙煎方法があるわけでもないし、
コーヒー農園を運営しているわけでもないというようなくだり(その後2013年に初めて自社農園を購入)。
では何があるのかといえば顧客の支持。それならセレクトショップと一緒だと気付いた。

コーヒー豆も入札でどこに行くか決まるし。
グアテマラの農園で実際に、入札で昨年はスターバックス、今年は横浜の会社ということを聞いた。
よって不当に安く働かせているという批判は的外れだと思っている。
いくら巨大とはいえ、国家体制を強制的に変えるほどの力はない。
スターバックスにそれを押し付けるのは無茶苦茶かなと。こういうのは時間がかかる。

中国だって月給2000円から月給10万に、25年で50倍になった。
神の見えざる手によって変わる。てことで、読み進めよう。





sakuraishinya at 09:58コメント(0)

コメントする

名前:
  情報を記憶:
 
 
 



プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    最新記事
    月別アーカイブ
    記事検索