2019年12月19日

少々バカでないと成功しないという意見の合理的な理由がよく分かった。




151118 8525

最近色々と新規事業を模索したが、勝算がないことが分かった。
ユニクロが価格破壊から始めたように、
アパレルぐらい市場規模がでかければどんな切り口でも攻められるが、
工芸品のマーケットだとそれなりの利益率を確保しないとまず成り立たないし、
安くしたところで売れないのが違うところだ。

あとはびっくりするほど多くの方が工芸品に親しまれていない。
もちろん15年もこの業界にどういうわけか足を踏み入れた僕でも
まだまだ知らないことだらけ。
魅力を知らないものもたくさんある。
知らなければ欲しいと思わないのが人間だ。

一度恐る恐る使ってみると、
今まで使っていたものは何だったのというほど感動的なものばかり。
その勇気ある第一歩を引き出すのが大変だ。

作り手、買い手をつなぐ伝え手としての役割を徹底したい。
それが誰からも最も求められていること。
成功の秘訣は新規事業への誘惑を断ち切ることという言葉もある。
何でもかんでもやれる気がするが、
今ある事業ですらいつ賢い意欲的な挑戦者にかっさらわれるか分からない。
その挑戦者を退けて、同じ分野で挑戦しようと思われないほど突き抜けることが必要だ。

今、実は凄く楽しい。
この方向でやれば売上が上がるというものを見つけた。
ここにひたすら投資していく。

タイトルの少々バカでないと成功しないというのは一つの側面から見た理由だと気付いた。
実際のところ、明らかに賢い方が成功しているケースのほうが多いだろう。

僕も少々バカだが、新規事業が全くうまくいかない。
でも結果としてそれが良かったと思う。一つのことに集中できた。
与えられたものに感謝してそれを伸ばそうと思えた。
謙虚になれてコミュニケーションが昔よりも円滑になった。

そしてまだまだ途上だが、職人.comを55万人にフォローされる8言語のプラットフォームに、
皆さんのご協力のもと成長させることができた。
中途半端に器用だったら、手を出したどれもが中途半端に成立していただろう。
一つに集中せざるを得ない体制になり、ある時点から一点集中で成長させられた。
これからもっと色んな方に職人.comを知ってもらうための広報活動に力を入れたい。

というわけで年末年始の中東の計画を練りつつ最後の締めくくりをしよう。




sakuraishinya at 09:53コメント(0)

コメントする

名前:
  情報を記憶:※スパム対策のため全角日本語のみコメント可
 
 
 



プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで134カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索