2006年06月

2006年06月30日

企業理念





なぜ今この事業なのか?

これまで一貫して注目し続けてきた生産者。
日本の文化の衰退に歯止めをかけ、
ものづくり大国の再生を目指し
更なる大きな目的のため
ドロップシッピングサービスプロバイダー事業を始める。

ものを作る人と売る人。
これはいつの時代もいる。
しかしものを売る人は
ものを作る人がいなければ
売るものがなくなり明日食べる米もないこと
に気付いていないように思う。

生産者価値を無視したような価格競争、
一部業界にはびこる悪しき流通システム、
あまりにも少ない生産者粗利、
これではいい商品を作ろうと思えるだろうか。

ものづくりをする人が
食い物にされていくのを見て大変なショックを受けた。
せっかく日本で育った芽を
まだ咲き始めたところで刈り取ってしまっては
本当は大樹に育つかも知れないものをなくしてしまう。
そこには栄養が必ず必要だ。

それはすなわち生産者が大切にされ
潤沢な資金が還元される仕組み作り。
いい商品ははっきり言って誰が売っても売れる。
要はいい商品を作り上げる努力をしなければ
卸、小売はもちろんのこと、コンテンツ資産全体が
目減りしていくということ。

我々が描くビジョンは
一人の職人と数十店、数百店の
ECサイトが対等に付き合える仕組み作り。
たくさんのお店に並んでいれば
職人の作品を目にする機会が増える。
これを無料で提供できたらどうなるか?

これが我々の目的であり使命だ。
当事業により上場を果たすという目標を掲げているのも
より多くの人に喜びの笑顔を与えていきたいからだ。
一人でワールドカップ見ているより
スタジアムでみんなで応援し、勝ったときの喜びはどっちが大きいだろうか。

ゆえに人の道に外れた行為、儲け話は
笑顔をなくすことにつながる。
だから目的に明らかに反する行為はやる前に気付く。
これを従業員全員に徹底している。

企業文化を形成し、日本が誇る理念のある
オンリーワンの会社を目指し、
人が気付かない価値観を創造する会社となること。

G&Wは必ず上場します。


sakuraishinya at 00:30コメント(6)

2006年06月22日

引っ越し





fd196322.jpgいよいよこのお湯がチョロチョロしか出ないマンションに別れを告げる。今度の家はかなりいい感じ!2Kで17畳ぐらいあります。2年ごとに家賃を倍増させることにしました。て考えると10年後に256万になり六本木ヒルズに並びました。アハハ。でも京都が好きだから多分東山に家建ててます。



sakuraishinya at 21:55コメント(11)

2006年06月21日

SARASA





b927d853.jpgお昼ごはん インターン生に教えてもらった



sakuraishinya at 13:25コメント(6)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで128カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ