2008年12月

2008年12月26日

ビッグ3がもう死んだと思う理由。




社長が専用ジェットやファーストクラスで
駆けつけて政府に「金貸して」って言ったり(ネタかw)
GMが2007年7〜9月期だけで約4兆4000億円の損失出したり
未だにガソリンのことなんて何にも考えてないんだろうなーっていう
アホみたいにでかい車ばっかり作ってたり。

まぁそんなことは、会社が潰れる要因には
まだ決定打ではないと思ってた。

しかし、決定打が待っていた。
GMの平均時給は71ドルと超高額でトヨタは47ドル。
そこでGM救済に当たってはトヨタなど外資並みに引き下げるように
政府が言ったら、GMが所属する全米自動車労働組合が
「不当な賃金カットは呑めない」と拒否(笑)
この記事読んで「あーこいつら終わったな」と思った。
トヨタよりも40%も給料高い癖に、会社が火の車もいいところなのに
従業員はこのありさま。国民の税金を数ヶ月間の延命に1兆円以上ぶち込むというのに。
企業を作るのは人なのにこれかよ。こいつらの数か月分の高すぎる給料になって消えるね。
アフリカでは今も月給800円のところもあるのに。
自分たちのおかれている立場が理解できてないのと、
それを理解してる上でいかに金を会社からむしりとることしか考えていない
ことの表れじゃないですか。
いや、ひょっとするとどうせビッグ3を政府が潰すわけないやろと思ってるのかな。
そしたら相当たち悪い。いや多分そうかも。

最近アメリカ人もブッシュとかのおかげで世界中から煙たがられてることを
毎日ひしひしと感じている人が増えてきたので
なんと、ビッグ3を救済しないほうがいいという世論がアメリカ国内で70%に達したそうです。
そりゃそうだなこんなに自分勝手なことしか考えてないんだったら。

そういえばじいちゃんの会社(今は父の会社)でアルバイトしてたとき
僕が面取りしてた銅版はあのGM行きでした。

給料はトヨタの半額で出直してくださいな。
オバマさんそれぐらいでも十分生活できるので
あのどうしようもない労組シバいてやって下さい。
労組というのは、本当に会社の立場で、そしてもう少し広い視野を
持って活動してもらいたい。でなければ労組なんて認める会社
ひとつもなくなってくると思います。


sakuraishinya at 23:19コメント(3)

派遣社員について




いつも購読しているロッキーの藤田さんより
ナイスなメルマガが流れてきました。
会社を売却してバリ島で暮らしている藤田さんですが
もう何年もこうやって書き続けてすばらしい視点から物事を
教えてくれるので面白いです。
メルマガ登録はこちら

〜「正社員と、非正規社員の派遣社員に付いて思う事」〜

ここ10年で、派遣社員は大幅に増えたようです。
これは企業側からの需要が高まった事が大きな要因だったのでしょう。
私は、17年間の経営で、派遣社員を雇用した経験がありません。
派遣会社さんに恨みも何も有りませんので、誤解して欲しく有りませんが
雇用しなかった理由は、以前にも書いた通りで、

*派遣社員の愛社精神に疑問を感じた事。

*残業した場合、残業手当をキッチリと支払わなければいけない事。

*社員とのドライな関係を私が好まなかった事。

*私なら、派遣社員には成らないと思った事。

等々の理由により、派遣会社から営業は掛けられましたが、
一切、雇用をしませんでした。
で、ここ最近、輸出産業等々に勤務されてる派遣社員が解雇される
と言う事がマスコミを騒がしているようです。
一説では、3万人以上という数字も出ています。
イメージとしては、解雇する企業側が悪者イメージみたいな感覚を
覚えます(笑)
私が不思議に思う事は・・・
派遣社員の方々の危機意識に付いてです。
つまり、私なら不安定な派遣社員に甘んじないで、何とかして早めに
正規社員に採用してくれるような企業を探します。
派遣社員が不安定な理由は、雇用が安定していないからです。
今回のように、いつ首切りをされるやら判りません。
雇用が安定しないなら、極論ですが、結婚も怖くて出来ません^^;
何故、派遣社員と言う座に甘んじるのでしょうか?
仕方無いから??って理由では、あまりにも危機意識の欠如では
ないでしょうか。
派遣社員の座に甘んじるなら、企業側からの突然の解雇は、文句も言わず
受けるべきと考えます。

本日の格言

「正社員も不安定だが、派遣社員は、それ以上に不安定である」

「派遣社員の座に甘んじる人は危機意識の欠如ではないでしょうか」

「派遣社員の契約解除は、契約上、仕方ないのではないでしょうか。」

「年齢次第だが、本気で頑張れば、正社員での就職はは可能!」

「自分に起きる全ての事柄は、自己責任100%である」

以上

                              藤田隆志


sakuraishinya at 16:39コメント(6)

めちゃめちゃいいプレゼントもらいました。




c0b885e8.jpg
もう今日は感謝感謝です。
素晴らしい贈り物がありました。
嬉しすぎます。
職人.comが一気に海外と近くなりました。
これから世界中に販売していきたいと思います。
海外のほうが売上が超える日を目指して頑張っていきたいです。
今日はめちゃめちゃ働いた。いやー楽しいね仕事は。


sakuraishinya at 00:12コメント(0)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで134カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


私の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


5ページにわたり私の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


私の人生のバイブルです。生きる目的を失っていた頃に出会い、人生がまた輝き出しました。ザ・ボディショップ創業者のアニータ・ロディックさんには本当に感謝感謝です。理念的なグローバルブランドをつくりたい、もしくは理念的な会社で働きたいという方はぜひ読んでみてください。カラー写真入りの大きな本ですので、イメージとして入ってきやすく、本棚にあっても存在感があります。


人生を変えてくれた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の一つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索