2012年10月

2012年10月31日

ちょうど五年前、ニューヨークにいた。




49464e1d.jpg
五年前をついこの間のように思い出す。
この感覚はどんどん増してくるんだろう。

五年半前、僕は暴君だった。
日経ビジネスに二ページ掲載されていたり
業界団体の理事も務め、講演もしょっちゅうしていた。

そして、問題を起こしてしまい、社員は全員去って行き、
自己嫌悪と人間不信にさいなまされるようになった。

もともとそんなに心も体も強くないので
完全に参ってしまった。

そんな中、学生のときのように海外に行き始めた。
忘れてしまった何かを思い出すために。
最初に行ったのは台湾、ベトナム、カンボジア。

ベトナムでガイドの実家に泊まり、
外人なんてきたこともないチャウドックという島で
毎日子供と遊んだり酒を飲まされたり。

言葉は全く通じない。
おかげでベトナム語を覚えた。
今でも自己紹介だけできる。

そこから思えば再生したんだろう。
それまでは欲や名誉、虚栄心にまみれてた。

もともとは純粋な気持ちで始めた会社だったが、
前の上司を抜かすという強烈な怒りを立ち上げ時に利用したため、
二年で抜かしたときには、どこに向けていいか
何をしていいかも分からなかった。

ただより多くお金を稼げば
幸せになれると思った。
しかし、私利私欲の行き着く先は
崩壊しかなかった。

そんなときに、会社が一度ぶっ壊れ、
傷めた心を癒すために海外に行き始めた。

悩んでも解決しないと考えたか、
心の向くままに行き始めたかよく覚えていない。

中学のバンド仲間で
大学時代も本当によく遊んだ友達が
ニューヨークにいる。

彼も必死にニューヨークという
強烈な競争社会で生き残っていた。
そんな彼のブルックリンのアパートの屋上で
マンハッタンの夜景を見ながら語った夜を覚えている。

懐かしいなぁ。
あれから五年か。
五年でずいぶん成長した。
会社の規模は全然変わらないけど
自分の心は自分でもよくやったといえるぐらい
成長できたと思う。

これからの五年を生き抜く土台を
作れたと胸を張りたい。

この世界には、人の数だけ
それぞれの五年があるんだろうなと思う。

あなたの五年は、どんな五年でしたか?


sakuraishinya at 21:32コメント(0)

今日のフェイスブックに書いた内容が好評だった。




ということで、以下に転用。

悩んだ結果、何とかなりそう!
これで大幅にパリが近づいた!
もう6年半の付き合いになるシステム会社さんにも
感謝感謝です。デジトップさん@高知。中山社長。

うちのような零細企業を運営するのにも年間1200万のお金が最低いる。
もちろん僕も社員も普通に生活できるだけの給料を取ったとして。
そう考えたら一応毎年何だかんだと利益出してるんだなぁ。
そんな現金見たことないから実感ないけど。
しかも驚きなのはたった一ウェブサイトから。
バイトなどの自分の会社以外からのお金は七年間もらってない。
さらにここ四年で60カ国旅した。社員も15カ国旅してる。
これって300人の会社作った僕の祖父から見たらえらい小さい話だけど、
めちゃめちゃすごいことだよね。久しぶりに自分を褒めたくなった。
自分がこれまでどれだけ悩んでこの小さい会社を創り上げたかを考えたら、
自分がとてもかわいく思えた。
たまには褒めてもいいでしょ。誰も褒めてくれないし(笑)


sakuraishinya at 00:41コメント(0)

2012年10月29日

いけないいけない。こんな自分でいいのか。




最近すんごい変な気分。
何か寂しさと情けなさと歯痒さが
怒涛のように自分を覆っている。

これからまた二週間後には、
楽しい80カ国達成への旅にも関わらず。

この寂しさはどこから来るのか。
それとも一生消えないのか。

とにかくようやく問題も解決方法が
分かり、問い合わせているところではあるが
何とかなるかと思う。

俺はアニータロディックさんのように
ボディショップのようなグローバルショップをつくるんだ。

柳井さんも反日デモにも負けず
ファーストリテイリングを世界一にするために
俺の何百倍も頑張ってる。

悩みのない人なんていない。

そんなことは分かってる。
でもこの得体の知れない寂しさは
何なのだろうと31になっても分からない。

一人だから?
静かな家だから?
暗いから?

分からない。
多分人から見たら羨ましい人生を
歩んでるかも知れない。
好きな仕事でメシ食って好きなときに旅して。

でも悩みはあるんだよね。
いつまでも。

アイスランド、イギリス、スペインの
ガイドブック借りてきた。
前から行きたかったスコットランドの古い街も
イギリスの田舎町のスコーン巡りもしようか。

直感の赴くまま、人生を味わい尽くしたい。
掴んでも掴んでも、全然掴めない人生だから。
いつか掴める日まで掴み続けるのみ。

iPhoneから送信


sakuraishinya at 22:10コメント(2)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ