2014年03月

2014年03月31日

iPadとともに映画三昧の一日。




79c5c016.jpg
10年前からこういうことやってたが、
iPad miniがきてさらに拍車がかかった。

本当に便利だな。
ジョブズは本当に凄いね。

今日は朝ついに月商1000万を達成できていたので、
本当に嬉しかった。

次なるプロジェクトは何にしようか。
2000万てのもいいが、
何かもっとワクワクするものないかな。

コンセプトが全てを決めると思う。
売上目標は勝手に決まるしな。

100カ国達成プロジェクトに
1000万達成プロジェクト。

あ、忘れてた。
5カ国進出プロジェクトだ。
何か現実味がなくなってきたんだよな最近。

5ってのが言いにくいのかな。
10カ国のほうがいいのか。
10カ国だったら凄いし。

でもそもそも小売店主体ではなくなったし、
それが原因かも。
Webでのマーケティングに力を注ぐほうが大事だと。

とにかく今は国内での知名度向上に
予算を注ぎ込む。それが先決だな。

四月の価格変更が終われば一休みだ。
東北に一週間行ってくるので。

色々と新年度を迎えるので、
やること満載だ。
とりあえずやること整理しよう。


sakuraishinya at 00:07コメント(0)

2014年03月30日

京橋にバッグを探索に




d33095d5.jpg

05e4e96b.jpg

f2f4d3b0.jpg

3a242b6c.jpg

d6b97155.jpg

行ってきた。
先週同じ土曜日に酔っ払ってなくしてきたから。

で、行ってきた。
途中御所の桜も見て。

三軒回って交番行って、
ないか聞いてみてもないと。

奥さんと喋ってると、
あれ、四軒だよと。なぬ?(笑)

何と酔っ払って記憶が総飛びしていたが、
四軒目にしぶとく行ってたらしい!

これは新発見だった!
で、そこの捜索活動を
歩いたであろう軌跡をたどること30分。

あったーーーーー!!!
で、のれんをくぐった瞬間に、
バッグ忘れてたやろー!?と!

ありがとうございます!!!
そしてついに再会!!

高3のときに買って、
世界90カ国ほど一緒に行ったこのウエストバッグ。

奥さんのお母さんに、
チャックを何週間もかけて
縫い直してもらったバッグ。
今は珍しいmade in USA。
なのにブランド名はBBC(笑)。ネタか?

何はともあれ良かったーー!!
てことで早速その立ち呑み屋でそのまま乾杯。
でかチューリップ200円美味しかった。

ということで、楽しく帰ってきた。

一晩明けて、
今朝起きてから、売上を見ると、
ついにやったーー!!!
正真正銘月商1000万超えしてた!!!!
これまたバンザーーーイ!!!!

月商1000万達成プロジェクトは
半年以上かかったけど、
何とか達成できた!
これから2015年度からの
目標である1700万に目標を合わせようか考え中。

いや、やっぱり歯切れがよく刷り込みができる
月商2000万だな!!
これをプロジェクトにしていこう!
自然と来期のノルマは達成するだろう。

さて、どうやって達成するか。
倍だな。楽天に出せばたぶん簡単だけど。
シンプルではなくなるので嫌だ。

デミセと呼ぶことにした
小さな店を東京などに作るか。
海外にも。それは面白い。

商品開発も進めなきゃね。
色々と2000万達成に向けて考えよう!


sakuraishinya at 10:12コメント(0)

2014年03月28日

金曜日ということで。




93d1f724.jpg

8a69f393.jpg

7b75dfcd.jpg

いつもの通り、散歩して、
新規開拓してきた。

色んな店があって本当に楽しいなここは。
まだまだ行ってない店たくさん。
本当に京都市は店が多い。

自然とおさまったなぁこの場所に。
何て不思議なんだろう。

ただここから離れて住むとなると違和感があるな。
面白いなー実に。
でもこういう土地に出会えて良かったよ。

西陣がなければ100カ国も行ってないし、
奥さんとも出会ってないし、
そもそも今の事業が継続できてたかも疑わしい。

本当に嬉しい限りだ。
明日は立ち飲み屋に酔っ払って忘れてきたバッグを
取りに行くぞ。京橋まで。
ありますように。


sakuraishinya at 23:25コメント(0)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ