2014年05月

2014年05月31日

スコピエを三時半まで観光したあとオフリドへ。




72c205a5.jpg

25622131.jpg

ba6850f2.jpg

a5bc426e.jpg

bf9e5f8e.jpg

今日はだいぶ歩いた。
スコピエは駅からホステルにかけては、
とてつもないコミュニズム丸出しの建物しかなかったので、
今日はほとんど期待してなかったが、
旧市街に行くと教会ありモスクありバザールありと凄かった。

ここは中東かと思えるぐらい、
モスクからの祈りの爆音が鳴り響いていた。

1960年頃に大地震が起きて、
8割の建物が崩壊したそう。
それで美しい家があまりないんだな。
トルコ風呂や教会は健在だが。

マセドニア人は、
民族問題を多数抱えていて、
いつだって少数派で、
戦争に巻き込まれ、
地方名であるマケドニアからマケドニア人と自分たちを呼び出してからは、
古代マケドニアでしゃべられていた言葉がギリシャ語系だったことから、
ギリシャから偽物のような扱いを受けて、
とても大変な人生を送っている。

マケドニア人は150万人しかいない。
しかもセルビアから難民として受け入れてあげたアルバニア人にも
恩を仇で返されるような形で、
同じくアルバニア系のコソボと結託されて抵抗運動を起こされたり。

本当に踏んだり蹴ったりとはこのことだ。
でも、だからこそマケドニア人は人の痛みが分かる。
またとっても傷つきやすい。

話の流れで、トルコの占領時代の話やバルカン戦争のこと、
経済のこと、社会主義だった頃の
話をすると、とても元気がなくなってしまうときがある。

でも根がとても優しい人たちだと分かった。
オフリドに行くバスで、隣りの席のマケドニア人と四時間たっぷりしゃべった。

ホテルまで30分かけて見送ってくれた。
僕がミスって降りるところ間違えたのと、
ホテルも通り過ぎるというハゲミス犯したにも関わらず、
へーい頼むよ〜ぐらいで。

背が高く、文字はキリルのブルガリア語に近く、
色は浅黒かったり白かったり様々。

本当に彼らはどこから来たんだろう?
ブルガリア、ロシアの少数派、オスマントルコなどが
混じり合ってるんだろう。
でないと彼があんなに背が高いわけないし、
苗字もロシア語そっくりだ。

明日はオフリド一日観光してまた勉強しよう。


sakuraishinya at 05:52コメント(0)

2014年05月30日

テッサロニキからスコピエにバスで。四時間。




2792ed2b.jpg

764917b1.jpg

a8cdb609.jpg

52da9eef.jpg

30b1f87a.jpg

17時半にテッサロニキ鉄道駅発のバスに乗ってやってきた。
鉄道駅にあるバス会社事務所にて。片道20ユーロ。

昨日飲み過ぎたので、
今日はお腹の調子が悪かった。
Tシャツで途中から寝てたから下痢になってた。

テッサロニキの城壁を巡った。
素晴らしいところだ。
こんなに観光資源のある街だなんて。

今までほとんどなかったが、ここなら住めると思った。

てことで、マケドニアのスコピエに着いたら、
これはこれは素晴らしいコミュニズムの街だ。
家族でゴミあさってる少女とかいて、
滅多にいないアジア人の僕を見て、
手をつないでくるようなそんなところ。
近代的なVEROというショッピングモールもあって、
今メシ食ったあとこれ書いてるんだけどね。

こういう状況を見たら、
社会主義は失敗だったと分かるはずなんだが、
人と違う意見を持って自己重要感を高めたい方がよく
資本主義をけなし社会主義を賞賛するのは滑稽でしかない。

50年でここまで世界中で差が開き、
今や世界に二、三カ国しか残ってない社会主義。
始めた張本人のロシアがやめて、
自分が作った北朝鮮はほったらかし。
経済センスも皆無な上、何の責任も取ろうとしない社会主義国。

中国を社会主義国だと言ったら大間違い。
競争もあるし外資も入れるし給料も違うし、
シンガポールとほぼ同じ一党独裁の資本主義国家と言っていい。
管理国家というが、管理されてない国などない。
情報統制だってどの国も少なからずあるだろ。
中国は何十年も前に頭を下げてリークワンユーさんに教えてもらったんだから。

何が言いたいか謎になってきたが、
僕も含めた日本人の期待とは裏腹に
中国人は個人的な能力が高いので、
日本の四倍ぐらいの国力に落ち着くんじゃないかと思ってる。
GDPではアメリカと同じぐらい。
世界一位には一時期はなるんじゃないかな。
もちろん英語も全く喋れない無教養の人が過半数なので、平均では日本の四割ぐらいで収まるのではと勝手に予測している。

日本の10倍になるとどこかの投資銀行が予測したことを
そのまま決まった未来のごとくしゃべってた人がいたが、
もう少し自分のポンコツ頭でしっかり考えたらいいのではと思う。

日本の10倍になるということは、
現在先進国が中国で生産している分が
まるっきり無くなることを意味する。
アップルの生産工場だけで200万人が働いていて、
こういう人たちが何億人もいると思うが、
彼らの仕事がなくなり、代わりにより高い給料にふさわしい付加価値の高い仕事に置き換わらなければ無職になる。

中国共産党が世界の工場の地位を
手放すとは思えない。
これらに代わる職を作り出せないから。
結局低賃金を保ったまま、
ある程度のところで高止まりすると思う。
そうでないと工場がなくなるし。

国家の力は個人の集合。
さらには中国には少子高齢化が待ってる。
ゆえにいかに中国が成長しようが、
アメリカと日本、東南アジアを合わせたよりも
大きくはなり得ない。
よって戦争は起きない。

あと10年は伸びると思うので、
しっかりと日本は中国で稼いでいけばいいんじゃないかと。
現在、アベノミクスの円安効果もあり、訪日中国人がどんどん増えて、
中間層からもどんどん親日家が増えているわけだから、
中国共産党も必ずバランスを取っていくと思う。
以上好き勝手書いた(笑)


sakuraishinya at 05:06コメント(0)

2014年05月29日

昨日はどこから書けばいいか分からないぐらい長い一日だった。




f543f076.jpg

5e511b23.jpg

1b3355de.jpg

4ea60259.jpg

7e566a63.jpg

いやー楽しかった。
朝からテッサロニキを一通り観光して、
昼はペラというアレキサンダー大王生誕の地へ。

バスターミナルに行くのにどれでいいか分からずに、
バス停で助けを求めたギリシャ人の女の子が
色々と教えてくれて、
乗り換えの場所まで全部案内してくれて
ペンまでくれた。

めちゃ良い子!
びっくりした。
北部はマケドニア国と言ったほうがいいかもしれない。

ということで、
ペルシアの圧政に苦しむギリシャ人を解放するという大志を持って、
あのバビロンをはじめとする強大な初代ペルシア帝国を滅亡させた
アレキサンダー大王生誕の地を見てきた。

10年で世界有数の大国を築き、
32歳で病死した伝説の人物。
凄い、ギリシャの坂本龍馬だ。
それも2300年以上前のことだから、
日本なんて弥生時代だよ。

とにかく何か力をもらった。
アレキサンダー大王本当に凄い。
ギリシャ人から愛されてる。
ちなみにマケドニア王国というのは、
現在のマケドニアというよりも
テッサロニキ周辺のギリシャ北部と言ったほうが正しい。
そこが首都だったから。
もちろんマケドニアもブルガリア西部も含まれるけど。

現在のマケドニアが、
マケドニアを国名にしてるのを今でもギリシャは大反対。
そのぐらいマケドニアという名前に誇りを持っている。
空港もバスターミナルもマケドニア。
最初何のことかと思った。
飛行機間違えたかなと。

そういうことなんだね。
2000年も前のことなのに誇りがあるんだな。
歴史とともに生きている感じで。

で、夜は帰ってきて飲んだ。
ギリシャのビールは全部飲もうということで、
意外と種類があって一人で泥酔状態になった。
五本とワイン一杯。

テッサロニキは良い街だと思う。
飯もうまいし。
街中遺跡だらけだし。凄い。おすすめ。


sakuraishinya at 21:30コメント(0)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで128カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ