2014年07月

2014年07月29日

久しぶりのブログだ。




いやー何書いていいか分からない。

最近色々と進んだのだが、
何をいったい公に書けばいいか良く分からず、
筆が進まなかった。
公に書いてるつもりは2%ぐらいだが、
一応出てしまうので。

色々と進んだと言っても、大層なものではない。
でも良い職人さんに出会えたということは大きい。

最近、良い品物を見るとかなりテンションが上がる。
そして小売価格ででもいいからそのまま買って使ってみる。

商売としてしか見てなかったら、
こういう風にならなかった。

自分がこういう風に3年かけて変わったことがとても嬉しい。

これからも職人.comを大切に育てていきたい。
またG&W株式会社として、
積極的に新しいことにも取り組んでいきたい。

そういう面では、やはり僕がやりたいことというのは、
文化の流通なんだと思う。

失われゆく文化があるなら、
やはり工芸品に限らず保護したいし(たとえば日本家屋)、
海外の文化にしてもそうだ。

人類が培ってきた文明が
どこもかしこも同じ価値観、店になることを防ぐ
最大の手段が、地域に根ざした文化を
徹底的に強みにすることだと思う。

それはグローバリズムの脅威の前では、
太刀打ちできないほどの売上にしかなならないかもしれない。
でも、確かにそこにしかない文化があるのなら、
残そうとする人がいる限り残っていくと思う。

G&Wの活動としては、
これから何をしていくかは大きく分けて二つ。

一つは工芸品のさらなる流通。
その中には自分でつくるというものもあるが、
諦めきれない夢なので絶対にやっていきたい。

もう一つは、非営利活動になるが、
日本家屋をはじめとする価値ある文化の保護。

これからどんどん過疎化が進み、
価値ある文化財である日本家屋がどんどんなくなってしまう。
継ぎ手がいないという理由で、素晴らしい古民家が
容赦なく潰されてしまうのは日本の損失だ。

保護するだけだと、守りに入るだけで永続性がない。
だから株式会社である当社は、
そこにアイデアを持って持続可能性をつくりたい。

ここにもう一つ大事なキーワードがあると思う。

それは「好き」であること。
工芸品も日本家屋も大好きだ。
もちろん工芸品の中にも色々とあるので、
僕が好きなのは、品質・実用性・デザイン・独自性のあるもの。

日本家屋も、どれもこれもというわけではなく、
美しく機能的なものが好きだ。
残るべきものを残すべきだと思う。

そして、どうしても日本の物が好きだが、
海外でも好きなものが見つかれば積極的に
これらの活動を海外に広げていきたい。

そんな感じでやっていこう。


sakuraishinya at 19:28コメント(2)

2014年07月22日

昨日は大宮の激安立ち飲み屋庶民に、今日は近所の店二軒開拓。




01e4c558.jpg

73023933.jpg

f81f5c8d.jpg

212ca11a.jpg

4dd84392.jpg

昨日はボーッとしたなぁ。
結構梅雨明けしてない三連休だったので意外と皆さんインドア生活だったのではと。

まぁ、それで終わっては面白くないということで、
僕よりも確実にアウトドア派の奥さんが
外に行こうということでブラブラと。

乳白ガラスの電傘を僕がヘッドバッドで割ってしまったので、
それを探しに行った。
ブルーパロットで素敵なのがあったが
だいぶ高くて手が出ず、
知人であるアンティークベルの前田さんとこいくと、
琺瑯の緑の壊れた電傘をただでもらった。
マジで感謝だ。

そのあと、庶民という京都一安い立ち飲み屋に。
生で250円、中瓶300円。
飯もほぼ300円以下。鶏からは150円。
全部税込。
祝日ということもあり入りきれないほど
混み合っていたので早めに出たが、
二人で2450円だった。
そのあと晩飯も食わなかった。

で、今日は仕事したあと、
またフラフラと。
chouchouと書いてシュシュというカフェに。
ここがかなりヒット。うまい!!

ちょっと入りにくそうなところだが、
かなり良い感じだ。
また来よう。
そしてイタリア料理の6席ぐらいしかない店に。
ちょっと小さいお店で、
僕らは少し居心地が良くなかった。
良い店だしこれからも残ると思うけど。

美味しいものを食べに行くのは、
価値観を広げるのに有効だ。
仕事や人生に役立つことしか積極的にしないが、
良い店を探すことはこれからももちろん続ける。
ここには商売のヒント、人生の秘訣が詰まってると思う。

今出川堀川は、周りにお店がたくさんあって、
本当に嬉しいな。既に七年目だ。
これからも常に入れ替わる新しいお店や
まだ行ってない店を行き尽くしたい。
死ぬときに悔いのないように。

これを読まれたあなたも
行ったことのない近所の店に
勇気を出して行ってみたらどうだろうか?


sakuraishinya at 23:33コメント(0)

2014年07月20日

北山のインド料屋理、チャンダーがうまかった。




1a6aa465.jpg

0fa4031b.jpg

c9df196a.jpg

ae098348.jpg

7ba066ef.jpg

いやーうまかったな。
今まで食べたインド料理屋で一番うまかった。
しかも安かったし。
お腹いっぱいでビールも四つ飲んで4550円だった。
働いてる人全員インド人。しかも休みなし。
みんな出稼ぎに来てるんだろうな。
ぜひこれからちょくちょく行きたい。

今日は連休の二日目。
色々とこれからのことを考えた。

アメリカの会社もできたし、
次はイギリス、シンガポール、台湾と続ける予定。
また慈善事業も会社を通じてやっていこうと決まってとても清々しい気分だった。

実に楽しみだな。
やるべきことを決めたら一気にやる。
ある意味そこは深く考えてはいけない。
考え始めたらやらないほうが良い理由が何十と浮かんでくる。

100カ国達成と同じく、
5カ国進出は考えない。
やるからやる。
根も葉もない理屈だが(笑)。
てことでやるぞ。


sakuraishinya at 23:35コメント(0)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ