2014年11月

2014年11月30日

ラオスを横断してバンコクへ




f0a761e1.jpg

cb8c1f34.jpg

af4284cb.jpg

1f74d6e3.jpg

82437574.jpg

めちゃくちゃハードだった。
移動に毎度10時間かかる。
これを三回繰り返して
ただいま無事バンコクにいる。

あんまり情報がなかったので、
バンコク行きがビエンチャンのどこにあるのかよく分からなかったが、
シティセンターのほうのターミナルに普通に午後六時発のがあった。
30分前に間に合った。嬉しい。
翌朝五時過ぎにバンコク到着。
ただいま6時50分でバーガーキングでこれを書いている。

とりあえず初めて世界中のバックパッカーが集まるという
バンコクのカオサンにやってきた。
まだ動き出してないので
よく分からないが、オーストラリア人が
ずーっとファッキンファッキンと
一分の間に10回は挿入しながらバーキンで喚いてて
ラオスやベトナムとは随分違うなぁと。

今から朝からシャワー浴びさせてくれる
優しいホテルをブッキングドットコムで探して
ボチボチ移動しようかと。

それにしてもバックパッカーだらけだな。
俺もその一人か。
でももうパーティ好きのアホ欧米人に混じっての
ホステルはだいぶ卒業した。
彼らはうるさいだけのパッパラパー。
彼らはこれからも世界を動かすことはない。
1ヶ月も2ヶ月も同じ場所に沈没して
飲んで騒いで、フォーって叫び続けてても
でかい人間にはならないだろう。

僕は僕なりの旅の仕方を確立しつつある。
皆さんにもそんな風に自分のやり方を見つけてもらいたい。


sakuraishinya at 09:01コメント(0)

2014年11月27日

フエを経てホイアンへ。そしてフエに戻る。




ee028b9e.jpg

8b3d27f5.jpg

d510e6eb.jpg

94c59c61.jpg

b4f39a60.jpg

本当はフエのことをホイアンの数倍書きたいぐらい
フエが気に入ったのだが、
PCに写真を移したのでとりあえずホイアンを。

三百年前から日本人が住んで貿易していたホイアンは
一言で言うとまあまあ。
観光地化されてて、モロッコのマラケシュのごとく
呼び込みやらタクシーの誘いやら大変うるさい。
あとは人が擦れてるところかな。
あまり純粋に感じないし冷たい。
でもまぁ切れるほどではない。

ま、そういう全員が言う悪いところもあれば、
良いところもある。
それはメシがうまいことだ!!

いやー驚いた。毎日フォーしかないんかいなと思ってたが、
こんなにうまいものを作れたのかと。

今フエ行きを待ち、次はラオス。
でも今回は地理に慣れるための旅なので
2、3日しかいない。

またしばらくネットが使えないだろうしここらで更新。

フエのことは改めて書きたい。


sakuraishinya at 15:49コメント(0)

2014年11月25日

ハロン湾一日ツアー




e57be917.jpg

7017e80b.jpg

b3f5ad1d.jpg

bbcdb0af.jpg

ede28c5e.jpg

に行ってきた。
日本人の方も参加してて楽しかった。

ハロン湾内の洞窟がエイリアンみたいな
鍾乳洞で凄かった。

とにかく晴れて良かったなぁ。
いやーラッキーだ。
今日は一日ハノイ市内観光したあと
夜行バスでフエへ。


sakuraishinya at 12:46コメント(0)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ