2017年03月

2017年03月29日

いよいよ年度末か。




9c6da8c6.jpg
3月は来月からの新生活に備えてか、
ありがたいことにたくさんご注文を頂いている。
4月からはどうだろう。
例年に倣えばちょいと下がるかな。

まぁいいや。
最近売上は全然気にしないことにした。
それは色んな要因の結果でしかない。
それには惑わされない。
大事なのは売上を作り出しているいくつかの要素であり、
売上自体ではない。

顧客満足であったり、
流行に合っているか、
本質的に価値あるものを提供できているか、
こういうことが最も大事だ。

ここ一ヶ月で妻に任せて、
だいぶ在庫を絞った。
ここに新たに加える新商品をこれから創り出す。
新年度に向けて。

全く入れ替える意気込みで、
定番商品も売っていく。
流行る飲食店は皆そうやって、
来る常連さんに新しいイメージをもたらしている。

いつもと変わらなくて安心、というのはお客様の立場で言うことであり、
いつもと変わらないのがいいと店の立場で言うことではない。

常に接客スタイルに改善の余地はないかとか、
商品の紹介ページはしつこくないか、
やかましくないか、時代に合っているかなどを考える必要がある。

それをやっていなければ、
賢い奴にトンビのように今ある売上も根こそぎ持って行かれる。
それがまともに機能している自由競争社会だ。実に素晴らしい。

というわけで、本質的なものを意識して追及しながらも、
新しい要素、流行に目を光らせよう。


sakuraishinya at 00:27コメント(0)

2017年03月27日

三軒隣の町家も借りることになった。




ついに決意した。
妻の一言で。
なかなか活用法が浮かばなかったが、
あそこには昔ながらの番台と蔵がある。
あそこの一階と蔵にショールームを引っ越したらいいんじゃない?と。

これに電撃が走った。
そして今の隣の二階を全て在庫置き場にすればいいと。
どこまでも追い討ちをかけるかのような妻のヒットが連発。

もちろんこれまでも色んなことを想定したが、
ここまでクリアになったのは初めてだった。

もしこれができれば、
おそらく今の三倍ぐらいいけるだろう。
というかやることに決まった。
もう管理人さんに電話して押さえた(笑)。
三軒とも同じオーナーなんでね。
もう10年目のお付き合いだ。
一回も家賃の滞納はないので、
同じ奴に貸した方が楽に決まってるね。
まだ夏まで屋根の工事とかあるから今年いっぱいは併用。
大変ありがたいことに雑誌の掲載もあるので徐々にって感じで。
もちろん三軒の町家を見られたい方にはご案内する。
なかなか無料で町家三軒入れるところってないね。

てことで、ちょっと嬉しいな。
いやかなり。
これでスタッフ増やすことも可能。
外国語できる人が欲しいね。
英語と中国語。台湾人とか最高かも。
簡体語と繁体語が完璧ならなおさら。

さらにそれでシステムが多少できたら、
もう言うことはないんだが。
どっかにいないかな。

土日は職人.orgとカフェありかを再開した。
社会活動としての非営利事業。
かなり働いた。
これからが本当に楽しみだ。

iPhoneから送信


sakuraishinya at 23:46コメント(0)

2017年03月22日

土日は富山に。




dff045f4.jpg

ce3ac652.jpg

d13f444c.jpg

753b502e.jpg

29761877.jpg

9ヶ月ぶりに帰った。
気付けばしばらく帰っていなかったなぁ。
時間は凄い早さで経つ。

どんな人もこうやって束の間の時を実家で過ごし、
他愛もない話をしたり、
近況報告をしながら生きているんだろう。

人生は縁だなぁとは思う。
両親や兄弟、妻や妻の実家の方々。
一体何のご縁でこうやって関わり合っているのだろうか。
たまに不思議になる。

だからこそ一歩遠いところから見ると、
いや宇宙から見ると、果てしない過去や未来から見ると、
何というご縁なのだろうと思う。

先ほど妻のお母さんがスマホに変えようかどうか迷っていたが、
ガラケーというものは20年で無くなろうとしている。
この時代に生きた人しか知ることのない産物だ。

1000年後から今を眺めてみる。
今生きている自分。

あぁ不思議だ。
1000年後と言われても自分はどこかにいるんだろう。

680円の絶品スパークリングワイン飲んで酔っ払った。
リカーマウンテンに本当に感謝だ。

せっかくなら今1000年後ではなく、
2017年なんだから、
2度とないこの時代を思いっきり生きてやろう。


sakuraishinya at 00:17コメント(0)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ