2017年07月

2017年07月31日

ボーッと10年前の写真を見返した。




ee5b8fdb.jpg

1d3d2d0d.jpg

不思議だなぁ。
ちゃんと記憶もある。
何なら今より積極的に日本中世界中飛び回ってたな。

過去の自分を見て悔しいと思ったりする。
一体自分は何をしたら過去の自分がびっくりするぐらいになるだろうか?

職人.comに一点集中して数年が過ぎた。
成果は出ているようで出ていない。

僕は一体何なんだろう。
でも皆そうやって思い通りにならない人生を悩んでいるんだろうな。

しかし、このままではいけない。
ステージが変わるようなブレイクスルーを起こしたいのだが、
やり方が分からない。

過去の延長線上にない発展の仕方ができないものか。
はー辛いな。
行った国の数だけが増えていく。
全然生かせてないね仕事に。

アニータロディックがオーナーだったときのボディショップのような
エネルギーがほとばしるような店を世界中に作りたいのだが。

やっぱりそれだよねやりたいことは。
それには職人.comしかない。
それしか俺にはできない。
飲食店も自社ブランドも新しいアイデアすら出なかった。

というわけで、人生は短い、
延長線を無視できるような発展の仕方をしよう。
志、高く。


sakuraishinya at 23:53コメント(0)

2017年07月30日

タカノヤさんのシューマイ、マジで美味い。




043c17f6.jpg
いやー今日も良かった。
一人で新聞ため読みしてたら、
奥さんからお呼びがかかった。

隣にシンガポールの研究所にいらっしゃる
世界最大手企業の方もいらっしゃるとのことで。
シンガポールの状況は無理してでも知りたい。

最近はシンガポールでも、
4社ぐらいクラフトビールメーカーができて、
ビアパブに行くと7タップぐらいあるらしい。

また行きたいなぁ。
いつでも行けるのに行かないってどういうことだ。
たまにで良いってことか?
人間て結局落ち着くところに落ち着くんだよね。

今日も美味しいビールをたくさん飲ませていただいた。
感謝感謝。


sakuraishinya at 00:28コメント(0)

2017年07月29日

職人.comらしさについて。




e49b6b47.jpg

160d21b4.jpg

ccb5e64b.jpg

d9b4336f.jpg

7f7dd401.jpg

職人.comの商品は、
運営者の僕が全て最終決定しているが、
そのほとんどは今は妻から上がってくる。
実態としてはメインバイヤーは妻なのだ(笑)。
何なら「早く見つけなよ〜」とせっつく有り様だ。

では、役に立たないこの僕はただのハゲ野郎なのだろうか?
僕の仕事はGOサインを出すこと。
加わるか否かの最終決定者および責任者は今は僕。

いずれはこの仕事も誰かが引き継ぐことになるが、
それが一人であることが重要だ。
一人が納得をして、一つの基準でGOを出す。多数決ではない。

品質、実用性、デザイン、独自性という順番にクリアしたもので、
さらに職人.comらしいかどうかが最も重要な基準であることが最近分かった。

お客さんがTwitterでこのように呟かれていた。
「職人.com見てると可愛くて渋いのが良いなぁ」と。
そう、メインキーワードの一つはそれかもしれない。
お客さんから気付かせていただいた。

これからもそんな感じでいこう!
お客さんに感謝!


sakuraishinya at 13:22コメント(0)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ