2018年04月

2018年04月17日

やまびこの絶品カレーうどんを食べた後、タカノヤでアメリカ人夫婦にまたもや奢ってもらった。




b72c3a25.jpg

52ae6a38.jpg

438a46d5.jpg

932884ba.jpg

f41e3f38.jpg

何でアメリカ人と飲むと奢ってもらえるんだ?(笑)
最初アイルランド人カップルと隣り合わせて、
妖精みたいな美男美女とベラベラしゃべり、
その後ドイツ系と台湾系アメリカ人夫婦と隣り合わせて、
盛り上がっているうちに一杯奢ってもらった(笑)。
ありがとうございます!
ハネムーン中に余計な出費をすみません!

奥さんが松たか子に似ていて驚いたなー。
お綺麗な方で!
というわけで今日も国際交流できた。
タクミさん始めタカノヤの皆さんに感謝。


sakuraishinya at 00:52コメント(0)

2018年04月15日

思いっきり旅できる時間が限られているように、働ける時間にも限りがある。




人は何のために働くのだろうか。
生きるために、養うために、社会のために、自己実現のために。
色々とあるだろう。

まぁそれはステージによってコロコロ変わるだろうから良いとして、
最近気付いたのは一人で当て所もなくフラフラと旅できる時間は、
年を取ってからではなかなか難しいということ。
僕も昔やった旅を今からもう一度と言われたら、やれやれという気分になる。

幸運な社会に生まれた人は学校に行くことができる。
何のために集中的に学ぶだけの時間を取るのか。
それは学ぶ以外のことに使うためにあるはずだ。
一つは両親の世話にならず、
むしろ両親の世話ができるようになるためだろう。

僕もかなり長い期間を旅してきて、
一体何のために旅をしてきたんだろうとふと思う。
おそらく生きる目的を見出すために旅してきたんだろうと思う。

最近ようやくそれを実現できるスタートラインに立てた気がしている。
職人.comという店をユニクロのように日本を代表する店にしたい。
自分のためだけにいつまでもフラフラと旅し続けるのは賢明ではない。

何かをやるんだと思い、会社を作ってはや14年。
長い長い勉強期間から実践期間に移行したい。
何かを世界に残すために。


sakuraishinya at 12:44コメント(0)

2018年04月11日

タカノヤでオーストリア人カップルとしゃべりまくった夜。




23e91014.jpg

9f0a7170.jpg

1609633e.jpg

いやー昨日は英語しゃべったなー。

オーストリアって日本より一人当たりの年収高いんだね。
結構そういうことは知っているつもりだが、
これについては知らなかったよ。

東側に位置する国だが、
ソビエトのカーテンがぎりぎりかからなかったので、
そうなったと言っていた。
オーストリアは一回しか行ったことがない。
大学生の時は何も分からなかったね。
今だと色々と考えられるかな。

タクミヤの峰人シェフのさわら、
めちゃめちゃ美味かった。鴨の燻製も。
分野が違えど彼らは職人だ。

大学に入学した時からはや20年が経とうとしている。
何ということだろう。
最近時間の流れが速い。

新しい挑戦をしていこう。


sakuraishinya at 14:46コメント(0)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで128カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    記事検索
    月別アーカイブ