2018年11月

2018年11月22日

丸太町の炭火ろぐさん、朝引きの鶏が美味し過ぎた。

2018-11-21-23-43-04

2018-11-21-23-42-49

2018-11-21-22-18-13

2018-11-21-22-33-29

2018-11-21-22-46-44

ショールームに行って色々と整理した後、
さー適当にメシでも食って帰るかと言っていたら、
今日は出会った記念日だということに気付き、
色々と堀川丸太町で探した。

すると見覚えのある店が。
ろぐさんという焼き鳥屋。
前はもっと小さかったはず。

そして今の店は別の店だったのを
一度入ったので覚えていた。

恐る恐る入ってみた。
そして表に書いてあった
朝引きの生レバーや焼き鳥を頼んだところ、
めちゃめちゃ美味い!!!!

しかもお値段安い!!
まぁ、適正な価格。
焼き鳥チェーンの焼き鳥とは、
鶏ちゃんには大変申し訳ないが全く違う。

この味のまま京都中心部なら1.5倍、
銀座なら2〜3倍だろうなぁ。
驚きの美味しさだった。

焼き鳥を無性に食いたい時がある。
平安時代から日本人は鶏を焼いて食っていたらしい。
ウシジマくんで言ってた(笑)。

そんな訳で食いたい時があったが、
今後間違いなくここに駆け込もうと思う。

日本酒も色々あってグラスで何と390円から。
山廃や純米酒が中心で辛口のものが多い。
色々楽しめて良いね。

あとはどのぐらいメニューが変わるかだね。
ずっと同じだとどんなに美味しくても頻度は下がるので。
当店もそのようにお客さんに見られていると思って営業したい。

今日は良いところを見つけられて良かった。


sakuraishinya at 00:11コメント(0)

2018年11月20日

代引を止めてから楽しい毎日。

素晴らしい日々だ。
ノンストレス。

なぜストレスがあったかというと、
代引のときだけ気が変わって受け取らない方がいたからだ。

やっぱり要らないっていうサインができる権利を
なぜか日本在在の方には与えられている。
もちろん実費の1000円近くはこちらの負担だ。

何度言っても変わらないので、
こちらが変わることにした。

売上は変わらない。というか上がった。
あとお電話、FAX、メールでのご注文も本日より停止。
代引が終了になったので、
電話注文も激減するし、
言った言わないも出てくるので。

悩ましいことを止めさせていただく。
その代わり、余ったエネルギーで、
色々とやっている。
5言語は着々と完成に向かっている。
良い感じだ。

今日はWeChat Payに対応した記念すべき日。
月末には銀レンにも対応する。
中国進出元年にすると決めたが、
まさかここまで行けるとは。

大成功の1年と言えるのではないだろうか。
これからがますます楽しみだ。


sakuraishinya at 00:07コメント(0)

2018年11月18日

Amazonプライムデーを一日やってみた。

いやーこれは廃人になるわ。
プライムビデオ面白いね。

ひたすらiPadを目の前にして一日過ごせるね。
素晴らしいよ本当に。

ただ人生を捨てていると言ったら言い過ぎだろうか。
現実の世界はもっと面白い。
もっともっと面白いことを身体が動くうちに体験せずに、
バーチャルの世界で満足していてあとで後悔しても遅い。

もちろん映画が悪いとは全く思わない。
僕も高校生の時から軽く1000本以上は観ているだろう。
勉強になったものもたくさんあった。
でも、そのときは明確にお金を払ってレンタル代を払って意思があった。

今は何だろう。
次から次へとサジェスチョンが出てきて、
何も考えずに催眠術にかかっているようだ。

僕が古い人間なのだろうか?
でも世界中を旅したことも、会社創業などのエキサイティングな経験も、
大失恋もしたこともないのはもったいない人生だと思う。

プライムビデオは素晴らしいと思うが、
現実はもっと面白いということを今回改めて思った。
だとしたら十分に職人.comが提供できる価値はある。
もちろんAmazonにはない商品もたくさんあるし、
商品の1割以上はほぼメーカーさんと当店のみ、もしくはあっても2、3店舗の販売だ。
そう言ったところが差別化になるだろう。
生産量に限りがある本当に良いものは、Amazonで売るほど有り余っていない。
うちも取引を何度も断られることも日常茶飯事だ。

今回はAmazonプライムが我が社の最大の脅威だと感じたので、
あえてプライムデーを送ってみた。
すぐに解約して明日からは違う日を送ろう。

【余談】
日本では経済規模にしては普及率がまだまだなので、
未だに3900円のままだが、
既に普及した他国では1万円前後になっている。
便利さに抜け出せなくなったところで少しずつ上げていく。茹で蛙のようだ。
日本でも当然送料は上がり続けているわけだからそのうち上がるだろう。
最近加わったAmazonフォトなんて茹で蛙作戦の最たるもの。
あれに一度保存したら他に変えられない。Googleフォトを狙い撃ちしたサービスだ。
なので、あれはさらに強固に値上げで離脱させないためのサービスと言える。
便利なので素晴らしいと思うが、
そのような戦略で今3900円という破格値ということを
理解した上で加入したほうが良いと思う。
ちなみにAmazonは日本で法人税をほぼ払っていない。
アメリカ本社に収益が吸い上げられる仕組みで、
日本政府が怒って課税したが、日米政府の協議の結果、日本が全面譲歩したので、
1兆円を超える日本法人の法人税は今後も無し。何だそりゃ。
節税対策を練りに練った上での本国での納税のみ。
いやーお金の使い方を考えたいね。
Amazon本社だけ儲かり(直近3カ月の利益は数千億円)、
日本に法人税は入らず、シャッター街が増える。
真剣に日本国民として考えないと、日本中の店が無くなるよ。
チラッとヤマトや地元の配達業者さんの荷物を見ると半分以上がAmazon。
一回9割ぐらいAmazonでドン引きした。
全く外出しないプライム浸けの廃人になる可能性があるので、
一回切りの人生なので注意したい。


sakuraishinya at 00:46コメント(0)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索