2019年03月

2019年03月15日

栗久さんの全面無塗装の曲げわっぱ弁当箱が入荷した。

image

実に素晴らしい。入荷まで4カ月かかった。
ホッとした。早速ご注文を承っている。
https://www.shokunin.com/jp/kurikyu/mutosou.html

一つ一つやっていこう。
最近快進撃が続いている。

準備準備の年度だったね。
でも最高に楽しい。

来年度もどんどん素晴らしい取引先さんに
加わっていただき、職人.comを成長させよう。
15年目でかつてないほど熱狂している。
何て幸せなんだ。


sakuraishinya at 00:16コメント(0)

2019年03月14日

いつものように、でも毎日違う夜

image

今日は韓国人留学生の柳さんと
ビアパブタクミヤの稲葉さんに紹介していただき飲んだ。
色々勉強になったなぁ。

タカノヤでの帰り際、
京都新聞の記者さんと色々意見交換。
こんなところで仕事になっている。

タクミヤ、タカノヤは京都市の宝だね。
ぜひ皆さんでここで飲みましょう。


sakuraishinya at 03:56コメント(0)

2019年03月13日

もやい工藝さんをアップできた記念すべき日。

image

最も尊敬する民藝店のもやい工藝さんの
ケヤキのパン皿のお取り扱いが始まった。

海外向けの販売で期待されることがだんだんと増えてきた。
僕たちの役割の一つはやはりそこだろう。

そしてその役割に共感していただき、
買い支えてくださるリピーターの皆様。
絶対に期待は裏切れない。
うちは本当にお客さん第一だ。
もちろんこれからもそのスタンスを崩さない。

さて、素晴らしい商品が先方からもご提案いただける状態になってきた。
ありがたい限りだが、今後も厳選させていただくことには変わりない。

とはいえ、どこまで取扱ブランドを増やすかという面では答えは出ている。
ずばり産地の数と同じだけ。
だいたい200〜300だ。
その前後までどんどん増やしていこう。

そのためにカテゴリー表示を取っ払ったのだから。
文字列のみの全ブランド検索。
前代未聞かもしれないが、
全商品が分からないのがいつまでも興味深く感じることもある。

もちろん短期的に見たら取り逃がしている売上は多いだろう。
だが取り逃がしているのは今すぐのお客さんで、
長期的にフォローしてくださる方々にとったら、
全てが分からないほうが良いと思う。

だから、今期は売上を全く気にしていない。
あえてそういう状態にした。
それでも何とかやっていけるのは、
皆様にやれと言われているような気がする。

だんだんとリーチできる国も増えてきた。
毎日何人もの方々と英語でやり取りしている。
英語ぐらいしゃべれて書けて良かった。
圧倒的に一番役に立つ。

次がフランス語か中国語だろう。
意外とフランス語というのは文化的にも歴史的にも影響力があるので。
オリンピックの第一公用語も英語じゃなくてフランス語というぐらい。

てことで明日からも役割を全うしていこう。


sakuraishinya at 00:33コメント(0)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで131カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


僕の人生を変えた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の1つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索