櫻井慎也ブログ


2021年07月24日

NHKのオンラインでオリンピック開幕式を観た。




面白かったね。
コロナの下、よくぞここまで作りこめたね。
巨大な学芸会みたいな感じだから、この苦労たるや凄いよね。
学芸会でも数カ月下手したら準備だし。
皆さんのおかげで楽しく観ることができた。

というわけで、コロナを徹底的に抑え込む、
コロナ禍の最中でのオリンピック。
やってやろう。

ワクチンが来なくても、
外人にも美味しい店で飲んでもらいたいことはやまやまだけども、
そこすら空気読まずに押さえ込んで、
日本人の規律正しさを世界に見せていこう。
真面目な地道力は派手さはないけど信用できる。

というわけで、今日も一日せっせと机で作業。
妻はショールーム店番。めちゃめちゃ売ってくれた。

昨日はたまたま荷物を取りに行ったら、
15年前にインターンで来てくれた、
中高大の後輩、植田がぶらりと寄ってくれた。
職人.comの上場を引き受けたいようだった(笑)。

しかし、上場できるぐらいの利益をどのように出すのか。
いろいろと悩むな。
書けないことが増えすぎて、何を書いていいやら。

でも証券会社で働く彼は、上場はコストもかかるし、
資金調達して何を成し遂げたいのかがなければ、
目指す必要も意味もないと言ってたね。
確かにそうだね。

資金調達して一気にシェアを取ると言っても、
必要な分だけ借金してやればいいやんという話にもなるな。
たとえば1億とかを調達して広告にぶち込んでも、
仕入れの量を増やせなければ、売上を増やすことが難しいので、
北欧さんみたいに半メディア化するか?という感じしか出口が見えない。

うちはあくまでもオンラインストアという立ち位置を維持したまま、
ツイッターのようなシンプルなビジネスモデルでやっていきたい。
そうでないと、俺のような不器用な奴は力が集中できないので。

というわけで、上場を目指す必要があるのかどうか、
最近少々謎になってきたので(これ何度目だ・・・)、
もう一度なりたい姿を考えてみよう。
sakuraishinya at 00:58

2021年07月18日

昨日今日とよく働いた。




IMG_0450

IMG_0452


IMG_0454

IMG_0465


IMG_0488

IMG_0492

今出川駅前にできた韓国料理店に行ってきた。
海外旅行もできない日々なので、
こういうザ・韓国の店はありがたい。

チャミッスル推しだったが、ここはビールで。
チャミッスル飲んだら明日からの月曜日が大変だ。

マッコリも飲んだが、並々入ってて税込380円は安い。
ビールもカールスバーグが470mlほどで税込530円はなかなか。
これだけグビッと飲めるサイズはないんでね。
あ、このグラス、全く同じのうちにもあるから容量分かって安心だった。

ご飯もどれもなかなか美味かった!
しかも安いね。いろいろサービスしてくださって。
昼飯も食べてなかったが飲んで食って4800円ほどだった。
賞味期限間際のインスタント麺も2つお土産に頂いた!
感謝感謝!!また行こう。
sakuraishinya at 23:07

2021年07月16日

今日作ったラタトゥーユ風煮込みが神がかっておいしかった。




IMG_0424

にんにくとローリエをオリーブオイルでじっくり炒め、次に鶏肉に焼き色をつけたら、野菜を投入。塩と黒胡椒で下味をつける。野菜から水分を半分ほど出して炒まったら、トマト缶、コンソメ、ハーブソルトで終わり。これをリッツのようなクラッカーにのせて食べたらまるでタパスのようで二人で小さく絶叫しながら食べた。最高だな!にんにくと鶏肉と野菜の旨味がソースに移り、全てが完璧だった。
sakuraishinya at 00:07


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで134カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の人生のバイブルです。生きる目的を失っていた頃に出会い、人生がまた輝き出しました。ザ・ボディショップ創業者のアニータ・ロディックさんには本当に感謝感謝です。理念的なグローバルブランドをつくりたい、もしくは理念的な会社で働きたいという方はぜひ読んでみてください。カラー写真入りの大きな本ですので、イメージとして入ってきやすく、本棚にあっても存在感があります。


人生を変えてくれた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の一つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索