櫻井慎也ブログ


2021年03月06日

3月1週目の金曜日。




今週はとにかく忙しかった。
先週末妻と二人で発送場所と倉庫を大掃除した。
そのおかげでスタッフからは大変好評で、広くなり、
売上が増えたのにそれほど忙しく感じない不思議な状態が続いている。

このまま俺らは死んで何かを残せるだろうか?
職人.comという名前はどうだろう。
常に死を意識しながら生きていきたい。

もうすぐフランス語ページも5万いいねになり、
英語ページは40万、日本語は変わらず20万。
中国語は6万ぐらい。

まぁ数とかはそれほどあれなんだが、
一応現在の記録として。

今の状況としては何と国内と海外の売上比率は1:1になりつつある。
凄い。ついにここまで。
しかも海外向けの広告はまだ始まったばかりなので、
予算次第であとはゲームのように売上が増やせる状況になった。
もちろん対応ができる体制を整えることが課題だが。
今も国内外からいろんな問題が噴出して、
全てを俺が対応してはいるが、イレギュラーが多すぎて何とも。

売上としても過去10年ほど毎日20-30万前後だったが、
今は50万いかないと少ないと感じる贅沢な状況が続く。
今週5日間で400万近い。
今後も予算次第でいくらでも伸ばすことはできるだろう。
ただし仕入れができないし、対応ができない(笑)。

次は何をやるかでいろいろと悩むところ。
新しいことをやろうとすると必ず社員から物凄い反発が来るが、
それを乗り越えたときの収穫が大きい。
最近では銀座ショールームがそれだ。

何をやるか、じっくり考えよう。
sakuraishinya at 00:36

2021年02月28日

今日は来月に備えて事務所整理1日目。




IMG_7685

来週から新しいスタッフが加わるので、
我々としてはかなり画期的に整理できたのではと。
ご褒美に串しずかさんで飲んできた。
あ、これ2人分ね。1人分ではない(笑)。
19時までが緊急事態宣言中なので頼めないため駆け込み入店につきまとめて。

美味しかった。
ビールを飲むとまた明日も頑張ろうと思う。
賢人は愚民と呼ぶかもしれないが、俺らはビールが大好きだ!
sakuraishinya at 00:34

2021年02月24日

40歳の誕生日が終わった。




DD6BCCCF-6A01-4C1C-8717-6D136454E4AC

10時間ぐらい働いた誕生日だった。
大阪のショールームが白紙になったので、
オンラインストアの本社改革を進める。
来月から本格的に発送だけのスタッフも加わるので、
配置換えもしていかないと働く場所がない(笑)。
華麗にやらないと。

ヒントになるのは上の空間。
ショールームでは広く見せるために
什器は低いものばかりにしているが、
本社ではそんな気遣いは無用。

できるだけ効率良く発送できるようにしよう。
来期は年商2億達成を目指す。

素晴らしいスタッフのアイデアのおかげで、
知らぬ間に隣の倉庫にかなりのスペースができた。
こういうアイデアが勝手に出てきて、
俺の同意なんて聞くまでもなくどんどん実行してくれる。
昔なら俺の話を聞けー!と喚いていたと思うが、
今は自発的に自分事に考えて動いてくれて、
そっちのほうが嬉しい。
あまりに言うこと聞かないのでいっつも喧嘩してるが。

というわけで土台ができてきたぞ。
企業は人なりというが、だんだんと分かってきた。
17年も会社やって、やっと(笑)。

人を生かす仕組み。
これからも作っていきたい。
40代も引き続きやっていこう。
sakuraishinya at 00:39


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで134カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の人生のバイブルです。生きる目的を失っていた頃に出会い、人生がまた輝き出しました。ザ・ボディショップ創業者のアニータ・ロディックさんには本当に感謝感謝です。理念的なグローバルブランドをつくりたい、もしくは理念的な会社で働きたいという方はぜひ読んでみてください。カラー写真入りの大きな本ですので、イメージとして入ってきやすく、本棚にあっても存在感があります。


人生を変えてくれた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の一つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索