2012年12月29日

今年最後の営業が終わった。




いやー本当に今年は成長したなぁ。
社員と喜び合えた。

さて、今日はとある人との付き合いを切った。
この人と付き合っていても
自分が不幸になるだけだと思ったので、
全てブロックした。

世界には70億の人がいる。
たまたま合わない数パーセントの人に
エネルギーを使うべきだろうか?

僕はそうは思わない。
だいたい262の法則だと思う。

2が自分に縁のある人、
6がどっちでもない人、
2が縁のない人。

合わない人というのは
縁のない人だと認識している。

僕が一番嫌なのは、失礼な人。
僕は偉そうにするのは好きではないが
プライドは結構高いと思う。

僕のプライドを傷付ける人は
何の意図があるか分からないが
僕は人を無闇に攻撃する趣味はないので
そういう人は即拒絶する。

だって、そういうことする人と付き合ってて
何が楽しいのかなと思う。
その人が総理大臣だろうが
さいならだよ。

無理して誰かと付き合ってませんか?
その心には、下心があるのでは?

下心を隠しながら付き合うということは
誠実ではないということ。
誠実でない人生ほど息苦しく、
自分を生きない人生はない。

だから僕は拒絶するときも誠実だ。
嫌なものは嫌だ。

合う人とだけ付き合うようになってから
一人の人との付き合いが必然的に長くなった。

それだと価値観が狭まるって?
人に合わせながら生きる人生、
下心を持ちながら損得感情で付き合う人生、
自分の時間が取れない人生よりはずっといい。

それに、一人の人と何年も色んな会話をするほうが
浅く広く付き合うよりもずっと学びになる。
お互いが成長してるのを見られるから。

一人の人は一人の人だけど、
僕たちは皆宇宙のかけら。

一人の中に、大きな宇宙と同じ中身の
小さな宇宙がある。
夫婦って言うのもそういうものかも知れない。




sakuraishinya at 01:23


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで134カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の人生のバイブルです。生きる目的を失っていた頃に出会い、人生がまた輝き出しました。ザ・ボディショップ創業者のアニータ・ロディックさんには本当に感謝感謝です。理念的なグローバルブランドをつくりたい、もしくは理念的な会社で働きたいという方はぜひ読んでみてください。カラー写真入りの大きな本ですので、イメージとして入ってきやすく、本棚にあっても存在感があります。


人生を変えてくれた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の一つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索