2017年03月27日

三軒隣の町家も借りることになった。




ついに決意した。
妻の一言で。
なかなか活用法が浮かばなかったが、
あそこには昔ながらの番台と蔵がある。
あそこの一階と蔵にショールームを引っ越したらいいんじゃない?と。

これに電撃が走った。
そして今の隣の二階を全て在庫置き場にすればいいと。
どこまでも追い討ちをかけるかのような妻のヒットが連発。

もちろんこれまでも色んなことを想定したが、
ここまでクリアになったのは初めてだった。

もしこれができれば、
おそらく今の三倍ぐらいいけるだろう。
というかやることに決まった。
もう管理人さんに電話して押さえた(笑)。
三軒とも同じオーナーなんでね。
もう10年目のお付き合いだ。
一回も家賃の滞納はないので、
同じ奴に貸した方が楽に決まってるね。
まだ夏まで屋根の工事とかあるから今年いっぱいは併用。
大変ありがたいことに雑誌の掲載もあるので徐々にって感じで。
もちろん三軒の町家を見られたい方にはご案内する。
なかなか無料で町家三軒入れるところってないね。

てことで、ちょっと嬉しいな。
いやかなり。
これでスタッフ増やすことも可能。
外国語できる人が欲しいね。
英語と中国語。台湾人とか最高かも。
簡体語と繁体語が完璧ならなおさら。

さらにそれでシステムが多少できたら、
もう言うことはないんだが。
どっかにいないかな。

土日は職人.orgとカフェありかを再開した。
社会活動としての非営利事業。
かなり働いた。
これからが本当に楽しみだ。

iPhoneから送信
sakuraishinya at 23:46


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで134カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の人生のバイブルです。生きる目的を失っていた頃に出会い、人生がまた輝き出しました。ザ・ボディショップ創業者のアニータ・ロディックさんには本当に感謝感謝です。理念的なグローバルブランドをつくりたい、もしくは理念的な会社で働きたいという方はぜひ読んでみてください。カラー写真入りの大きな本ですので、イメージとして入ってきやすく、本棚にあっても存在感があります。


人生を変えてくれた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の一つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索