2020年10月03日

今週末、来週末は引き続き東京。




早く回り出してもらいたいと思う今日この頃。
いつゆっくりできるんだろうという毎日だ。
このご時世でありがたい限りだ。
今日も30件ほどの海外発送があった。全部妻が梱包。何たる効率の良さ。
多分100万円分ぐらいあったと思う。

銀座の次はどうしようかと最近考える。
大阪?北陸?九州?それとも海外か?
おそらく海外が有力だ。
あまり国内に作りすぎてもね、とも思う。
固定費の増大には常に気を付けないと。

まぁ答えはだいたい出ている。
シンガポールだ(笑)。
ちょうどコロナで外国企業が微減したそうなので、
千載一遇の好機と言えよう。
ピンチの中にチャンスがある。
コロナを嘆いてばかりの人はコロナが終わっても何かに嘆いているだろう。
環境のせいにするほど他力本願なものはない。
その不満を口にしたところで何になる?

だいたいこれほど安全な世の中で、
さまざまな病気にも薬があり、
快適な家があって食べ物があって。
裸で暮らして蛇に噛まれて死ぬような昔の生活を経て、
今の人類の暮らしがあるのだから歴史上最も豊かな時代だろう。
先人の方々に感謝感謝の毎日だ。

魔女狩りなどもあった中世の暗黒時代はごめんだ。
奇しくもペストが宗教改革をもたらしたそうだが。
神父が治療しても当たり前だがペストは治らず、
人々の間に疑念が生じたそうだ。

ではコロナは何をもたらすだろうか。
コロナのようなパンデミックを大多数の現代人は味わったことがない。
変わる価値観と変わらない価値観。
変わるものを注視しながら変わらないものには引き続き投資。
単純にいうとこれしかない。

僕の意見では、コロナ後は完全に観光バブルが来ると思う。
お祭り状態だと思う。
ホテルの値段は今の何倍にもなる。
だってワクチンができて自由にどこにでも皆行ける状態になったと
想像してみたら普通に考えて宿が足りなくなる。
観光は世界最大の産業だし、その基幹には宿泊、飲食がある。
ある程度お金があって時間がある人は観光しかすることがない。
観光が一番エキサイティングなレジャーだろう。成長もできる。

信じた未来と今はギャップがあるだろうが、
だからこそ投資してうまくいったときの見返りは大きい。
それを信じて今後も積極的に投資していきたい。

シンガポールにショールームを出した後はいよいよ上場準備だ。
この業界にこれ以上ないほどのインパクトを与えられて、
業界全体も活性化するだろう。
そして職人.comの永続可能性も高まる。
引き続きやっていこう。




sakuraishinya at 00:31コメント(0)

コメントする

名前:
  情報を記憶:※スパム対策のため全角日本語のみコメント可
 
 
 



プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで134カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の人生のバイブルです。生きる目的を失っていた頃に出会い、人生がまた輝き出しました。ザ・ボディショップ創業者のアニータ・ロディックさんには本当に感謝感謝です。理念的なグローバルブランドをつくりたい、もしくは理念的な会社で働きたいという方はぜひ読んでみてください。カラー写真入りの大きな本ですので、イメージとして入ってきやすく、本棚にあっても存在感があります。


人生を変えてくれた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の一つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索