2022年04月29日

思えば今人生で一番やりたいことができる状況にある。




1

2

3

若松ショールームをオープンして良かった。

最近だらだらと書くことはなくなった。
そういう面では悩みが少ないかもしれない。
やりたいことは明確なので。

やりたいことは何か?
次は国外にショールームを出すことを目指しているが、
税金面とか複雑怪奇になりそうでぞっとする。

それに必要なのはもちろん資金なので、
売上の拡大、認知度の拡大ということがやるべきことになろう。
また、在庫の圧縮と広告費の節約は随時やる必要がある。
この2つは戦略上最重要なものではあるものの、
少し目を離した隙に魔物のごとく資金を蝕む。
なので、よーく見張っておかないと。

ある程度の売上が上がらないと成り立たない今、
つい継続させるためだけの行動に走りがちだが、
それも危機意識を持っているという面では大事な一方、
当初の目的とは離れてしまう可能性もある。

もし一生働かなくて良いお金があるとしたら、
今何をするだろうか、という問いは、
常に我々を本当にやりたかったことを思い出させてくれる。
まぁ、四六時中目が血走った状態でやりたいをやっている状態というわけでもないが。
ある一瞬のキラメキのような思いを、理想として思い出して、
その達成に向けてやるのが起業家の姿だと思う。

職人.comは8言語でさまざまな記事を毎日のように配信している。
それを通じてマネタイズするほぼ唯一の手段が日本製工芸品の販売となる。
他にもあれば安定するんだけどね。たとえば広告収入。
コーヒーとサンドイッチの法則という本を昔読んだが、
うちにとってサンドイッチは何だろうかと。
それはおそらく広告収入になろうかと思うが、
昔から取り組んでいたりもするが、それほど多く入るものではない。
だが、将来的に2割程度でもメディア化すればそれは成り立つだろうし、
それはより良い影響を与えられることになる。

昨年度はいろいろと危機があり、
力を入れていたブランドが突然入荷しなくなるということもあった。
これを乗り越えつつある。極めて明るく。
昨年も大笑いしながらやってきたなぁ。
大失敗もたくさんしながら。
今年度はまだ始まったばかり。
やっていこう。
まずは来週からの若松ショールームの営業日・営業時間の拡大だ。
sakuraishinya at 19:18


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで134カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の人生のバイブルです。生きる目的を失っていた頃に出会い、人生がまた輝き出しました。ザ・ボディショップ創業者のアニータ・ロディックさんには本当に感謝感謝です。理念的なグローバルブランドをつくりたい、もしくは理念的な会社で働きたいという方はぜひ読んでみてください。カラー写真入りの大きな本ですので、イメージとして入ってきやすく、本棚にあっても存在感があります。


人生を変えてくれた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の一つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索