2011年12月

2011年12月14日

たとえ利益は減っても誠実な商売がしたい。




今年は職人.com大変革の年だった。
いやむしろ俺の価値観が変革したのかもしれない。

最近行なった変革としては
カード情報の保存システムに加えて
送料込み価格の取りやめ、
カード払いの方に対して
発送されたかに関わらず、注文のあと一ヶ月以内にいったん決済するというのを取りやめ、
ご注文商品が発送された月の決済という形になった。
これらのシステム変更に50万以上かけた。
また年間コストも6万3000円上がった。

こうするとひょっとすると取りっぱぐれが発生するかもしれない。
またカード決済を25日締めにするので
26から末日までの5.5日分は
実質仕入れの支払いが一ヶ月早くなる。
要するにお金が入らないのに
何十万のお金を先払いすることになる。

それでもそういう風に踏み切ったのは
結局自分自身は騙せないということだ。
自分が心底満足できるサービスを
提供しているという自負がなければ
どこか申し訳ない気持ちになる。

まだ道半ばだ。
今年いっぱいでポイントサービスに頼ることはやめ、
商品とサービスで勝負する年になる。

どこにも売っていないメーカー共同開発商品と
選び抜いた商品を
どこにもないサービスで売る。

具体的にはすぐに電話がつながるし
電話でもFAXでも英語でも注文ができ
真にお客さんの立場に立ってサービスできる店になる。

職人プロダクト通販の一休.comのような存在になりたい。
一休.comのように独自のプラン、商品を多数用意し
価格だけでなく企業努力により
お客さん、取引先に満足してもらえる店。
ここで買ったら対応もいいし
もしトラブルがあってもすぐ解決してくれる店。

職人.com体験というのが
一種のラグジュアリーな体験になるような
そんな店になりたい。

そのためには一切嘘のない
誠実な姿勢で、自分たちの立場よりも
まずお客さんの立場に立って
どうあれば良いかを常に研究する。

たくさんの人がプレゼントで
うちの商品を注文して下さる。
自分で使われるのももちろん嬉しいことだが
プレゼントというのは渡す人とのドラマが必ずそこに存在する。

そして両者が喜び喜ばれる。
それをうちの会社が役割を受け持つ。
毎月何百というドラマがそこにあるんだろう?
そんな何百という微笑ましいドラマがもし毎日のように起こり、
そのドラマが自分たちがいたから完成したんだと思えたら
きっとそのドラマの数だけ何十倍も幸せに思えるだろう。

こんな素晴らしい仕事はないな。
よし、来年に向けて頑張るぞーっと!

iPhoneから送信
職人.com 櫻井慎也
sakuraishinya at 10:26

2011年12月12日

1月21日から一ヶ月弱、中米に行きます!




ついに決めました。チケット買いました。

10月から行こうか行くまいかずーっと悩んでて
治安の問題もありやめようかと思っていましたが、
自然に行こうと思えるようになったため
そのチャンスを逃さず、すかさずチケットを購入しました。

結構サーチャージが高い。
チケット代は58000円だけど
色々と税金やら何やらで161000円(笑)
どんだけ上がるんだと。

まぁ大阪⇒東京⇒NY⇒パナマ グアテマラ⇒パナマ⇒NY⇒東京⇒大阪
と結構乗るのでしょうがないかと。
あ、いつもヤフートラベルの格安航空券欄で調べます。
今回はジータックって会社でした。

パナマにまず入りコスタリカに。
この二つは比較的ピースな国なので
最初の8日間を過ごす。
特にコスタリカは中米の楽園と呼ばれてる。
パナマ3日コスタリカ5日だな。

で、問題の中米の中の中米(笑)
ニカラグア、ホンジュラス、エルサルバドル。

この3つのうちホンジュラスとエルサルバドルには
MARASという青少年犯罪集団、
全身刺青の麻薬マフィアが8万人ぐらいいるので、
銃は国民の二人に一人は持ってたりしますから(ホンジュラス)
相当用心して首都には近付かないように行かなければなりません。

まぁこれにちびってしまい、
2ヶ月前は行くのをやめてしまったのですが、
よく考えたら、去年メキシコでもかなり危ないとされる
ティファナに普通に行ってたし、
夜酔っ払って一人で歩いたり、危ないところに行ったり
変な人についていったりしなければ大丈夫かと。

まぁこの3つの国に8日間。足早に過ぎます。
田舎を中心に行くのでおそらく
覚悟より相当平和なイメージになることを期待します。

で、最後はグアテマラ、ベリーズ。
ベリーズは首都の南がスラム街なので
そこだけ注意すれば、コスタリカの次に安全な国。
グアテマラは首都は結構危険だけど、
大きい国だし、田舎はかなり面白そう。

マヤ文明の遺跡もこの二つの国には相当あります。
おそらく観光客もた〜くさん欧米から来てるので
多分拍子抜けすると思います。
日本には中米の情報ってほとんど入ってきてないですからね。
麻薬マフィア同士の抗争ばかり取り上げられて
まず危ない、というイメージばかりあるかなと思います。
それを払拭できればと思いますね。

この二つも8日間ぐらい。
で、合計現地25日間です。
行きで途中NYに一泊します。
でも1月末のNYとか考えただけでもぞっとします。
日本じゃ味わえない寒さを味わっておくのもよいかなと。

中学のバンド仲間の友達いるので
久しぶりにあのバカの頭をしばいておこうと思いました。
てことで、それまでにしっかり仕事するぞーっと。
sakuraishinya at 15:03

2011年12月10日

平和な毎日を




過ごしてる。
うーん、天気とは裏腹に実に穏やかだ。
売り上げはもっとテコ入れしなきゃいけないけど
生活の方がだいぶ安定したかな。

最近はまさにライフスタイルが人生の目的そのものだ。
朝起きてから寝るまで
自分の目的を念頭に行動できてる。

ただスピードは遅すぎて、休憩もしすぎて
ぎゃー今日何やりましたか糞坊主、と自分を責めたくなることは多々あるが。

最近読む本と言えば
伝記系が多い。
今日はやずやの創業者についての本。
つくづく人生というのは
これと決めたものに打ち込まない限りは
足早にただ通り過ぎていくものだと痛感してる。

成功者の本を読んでも
人生はあっという間だ。
悲しいかな、あっという間だ。

でも遅すぎることはない。
やずやの創業者も44歳で天職を発見した。
といってもキューサイの社長に
あんたはそれしか役立たん人間でしょうが、と言われて
目が覚めた顛末(笑)

ブックオフの社長もこれだ、と目覚めて起業したのは50歳を越えてから。
遅すぎることは全くない。

これまで生きてきた人生そのものが、
これまで考えてきたことが
唯一無二のもの。
成功者との違いは一つ、
やるかやらないか。
思えば本当にちょっとした勇気の差のような気がするね。

俺には俺にしかできないやり方がある。
あなたにはあなたにしかできないやり方がある。

俺を構成してる価値あるものは間違いなく海外での知見だ。
これをストップすることはストレスだし
やめるメリットがない。
何よりも行けるときに行かないと、やれるときにやらないと。

てことでまた来年から行く。
年間一、二ヶ月はこれからも新しい国々に行きたい。
これが俺ができる最大限の価値貢献につながる。
北欧に行ったことで、デザイン、価値あるプロダクトの考えがまとまった。

てことで、人生も仕事も楽しもう。
仕事はツライものだと誰が言った。
偉そうに仕事論を語るそいつは負け犬じゃなかったか?

仕事は辛いものではなく、
楽しくあるべきものだ。
あなたの人生と一緒で。

毎日しんどいなぁと思われながらサービスされて嬉しい人はいるだろうか?
学生諸君、つまらん大人は見習わなくて宜しい。
自分の人生を生きなさい!

iPhoneから送信
職人.com 櫻井慎也
sakuraishinya at 22:41


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで134カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の人生のバイブルです。生きる目的を失っていた頃に出会い、人生がまた輝き出しました。ザ・ボディショップ創業者のアニータ・ロディックさんには本当に感謝感謝です。理念的なグローバルブランドをつくりたい、もしくは理念的な会社で働きたいという方はぜひ読んでみてください。カラー写真入りの大きな本ですので、イメージとして入ってきやすく、本棚にあっても存在感があります。


人生を変えてくれた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の一つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索