2012年03月

2012年03月18日

広告について考えています。




今日は面接に来てくれた人と
たくさん色んな話をしました。

そしてわざわざ大阪から来てくれるということで
ふと思いついて部屋の大掃除をしました。

毎日仕事している一階の三畳の掘りごたつの部屋を
大改革!超快適になりました。

本棚が散乱していたので
4つの本棚を全部違う部屋に移動。
めちゃめちゃ広くなって、
あまり使ってなかったウーハーつきのケンウッドのミニコンポを
置く余裕ができました。びっくり。工夫次第で何でもできるね。

いやー掃除っていいね。
土日とも5時起き。快適快適。
これから継続したいな。


ところで、表題の件ですが、
広告をこれからブランド構築の一貫として
出していきたいと思っています。

これまでヤフーやグーグルなどの
効果測定の簡単な広告しか出していませんでしたが
今日もしゃべっていましたが、
ネット検索の広告と、TV広告ほど
顧客層が違うものはない、ということです。

本当にその通りだと思います。
また、テレビ広告を集中的に
3ヶ月ぐらいやれば
おそらく僕らの記憶には数年残るのではないか?

これは広告換算としてはいくらだろうかと。
ブランド構築としてはどうか。

ヤフーやグーグルで検索して、
テレビ広告で見たサイトとなると
安心感はとてつもなく上がると思う。

なので、早く1億ぐらい予算とって
テレビや新聞、雑誌の広告などもやっていきたい。

今はこれからネットの別媒体で
広告を仕掛けていこうと思います。
そこからはじめて最終的には
色んなところに出せるようになりたい。

先日感動したのは、
フィンランドのヘルシンキ空港の目の前に
KYOCERAとFUJITSUの広告がドカーンとあったこと。
何か日本人として誇らしかった。

たとえばこの二つのメーカーは
一般の消費者向けの商品は少ない。
が、こうやって世界的なビジネスマン(NOKIAを訪れる人は多いだろう)
がたくさん来るヘルシンキで
このような大きな広告を見たら、
自分の国に帰って、部品メーカーとして
京セラや富士通を見たら、当然一目置くのではと思う。

そのときには売上にならなくても
彼が勤めている会社から発注が来るかもしれない。

なので広告というのは
色々な媒体でブランディングの一貫として
やっていかないといけないんだなぁと気付きました。

多くのネット通販サイトが大企業になれないのは
ブランディングにお金を使わず、
即効性のある広告ばかり買うからだろうな。

最近あちこちで見るZUTTOさんというサイトの広告。
彼らはブランディングを良く理解されてる感じがする。

彼らの商品は何らかのお祝いとかで
検索ヒットする可能性が高い。

それがライブドアとかmixiで見たことがあれば
たとえ広告クリックしなくても
ZUTTOという文字を見たときに
信頼が生まれ、容易に購買に至るのではと思う。

このような形で戦略を練っていくのだから
つくづく会社運営ほど面白いゲームはないと思うのでありました。
sakuraishinya at 21:01

2012年03月11日

今年で人生が終わるとしたら




どう生きるだろうか、と自分に問いかけてみたら
こんなこともできる、
あんなこともできる、と気付いた。

考えられる範囲でやりたいことを
やり尽くしたい。

まず貯金なんて持っていてもしょうがないから
旅と広告に使いたい。

もっともっともっともっと
認知度をあげていきたい。
誰もが知ってるオンラインストアぐらいに
認知度を高めていきたい。

そして、アフリカ10カ国に加え、
韓国も一周したいし
イランあたりから旧ソ連の国々を
10カ国ほど巡りたい。

するとシンプルにやるべきことをこなすと
利益はともかく売上は倍増、
合計80カ国訪問という自分に
なれることが分かった。

え?できるよね?
今年で終わるならやるよね?
じゃやろう。

むしろ序章ぐらいの感覚だ。
本当に終わるならもっともっとできる。
今年が終わるまでどうなってるかな。

iPhoneから送信
職人.com 櫻井慎也
sakuraishinya at 17:00

2012年03月10日

会社の在り方を再考しました。




会社の在り方を考えました。
松下幸之助さんのダム式経営にヒントを得て自分なりに考えてみました。

会社で得られる利益を、
水と考えてみます。
水はもちろんためてダムのように
蓄えることが大事。
でも水もずっとためておくと腐ってしまいます。

そこで、溜めたダムから家庭に水を流し循環させます。
すると川から新しい水がやってきます。

この川を大きくすること、増やすこと、
そしてダムを大きくし、
より多くの家庭に恵みの水を届けること、
この流れを作ることが会社の役割なんだと思いました。

iPhoneから送信
職人.com 櫻井慎也
sakuraishinya at 12:26


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで134カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の人生のバイブルです。生きる目的を失っていた頃に出会い、人生がまた輝き出しました。ザ・ボディショップ創業者のアニータ・ロディックさんには本当に感謝感謝です。理念的なグローバルブランドをつくりたい、もしくは理念的な会社で働きたいという方はぜひ読んでみてください。カラー写真入りの大きな本ですので、イメージとして入ってきやすく、本棚にあっても存在感があります。


人生を変えてくれた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の一つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索