2012年10月

2012年10月28日

朝からずーっと仕事のこと考えてた。




ホンマに次から次へと・・
問題は尽きない。

でもようやくシステムを少し変更することで
別サイトを立ち上げることなく
穏便に行くことが分かった。

他に競争がなければナンバーワンなのだ、
という先日コスモス迷路で得た格言を活かしたい。

システム変更いくらかかるかな・・・
20万ぐらい覚悟しておこう。
そのぐらいの変更だ。

それにしても、今回もヒントになったのはアマゾンだった。
つくづく先駆者がいるというのは有り難い。

うちはアマゾンぐらい大きくも何ともないが
大変参考になる。
あれだけ頭の良い人たちがやってることだからね。

てことで朝5時半に起きて、7時にガストに行き、
途中よだれ垂らして寝ながら11時半まで
ドリンク8杯ぐらい飲みながらノートに書いていった。
で、昼飯食いに出てスタバ行って帰ってきた。

意外とすることないな。一人でふらふらしてても。
もう慣れ過ぎたよねこの街も。

いつかガツンと引っ越すかもしれない。
一回きりの人生ですもん。自由にやりたい。

真剣に田舎でも仕事ができることは明白。
田舎では数百万で、素晴らしい古民家の豪邸が買える。
先日見たのは17,615坪で9LDKの古民家付きの鳥取の土地

自給自足できますやん。お値段何と550万。
ご希望の方、どうぞ。

ちょっと京都市の上に行くだけで
一生家賃が固定資産税の月数千円しかかからない。
数百万で素晴らしい古民家買って。
そっちのほうが利口じゃない?(笑)

京都市だったら、田舎なら数百万のものが
場所によっては2億とか普通にするからね。この街凄すぎ。
前述の17,615坪だったら、京都市のちょい外れでも坪70万だから
123億円するよね(笑)

しかも滅多に俺好みの日本家屋出ないのよこれがまた。


京都のちょっと北にある
古民家を買い取ってそこを拠点に海外立ち上げにまわってもいいな。

1ヶ月も行くと、玉子かけ納豆ご飯食べたい症候群に
陥るんだけど。日本以外であれやると
食中毒で死ぬ可能性あるからね。ご注意を(笑)


ところで、今回職人.comのサイトを
一部商品を分けて販売しようというアイデアが出た。
何しろ俺がその商品の販売をやめようと思ったから。

現状では利益がほとんど出てないため。
関わってる手間を考えたら赤字と言える状態だった。

でも社員が引き止めてくれたおかげで、
妥協案が出て、その案から派生することで
今のままの一つのサイトの状態で、
その商品から出る利益を年間250万アップさせられる流れになった。
アルバイト2人分の年収ぐらいの貢献度である。

つくづく自分ひとりでは大したことはできないんだと思う。
社員のおかげだ。
もちろん自分自身が頭がハゲ散らかすぐらい考えることは前提だ。
だが、これから大きく発展していくには
また別の考え方を持った社員も当然必要だろう。

そしてみんなで知恵出し合って、足りないところを補いつつ、
「日本を代表するグローバルショップになる」というスローガンのもと
50ヶ国にShokunin.comをつくることに邁進したい。


sakuraishinya at 22:43コメント(2)

2012年10月27日

八瀬比叡山口から頂上らしきところまで




b3419427.jpg

e7cec240.jpg

86d4c284.jpg

ba8f5a42.jpg

登ってきた。
天気も良く素晴らしかった。

ロープウェイに乗らず、
ひたすら道を歩いた。

そして頂上らしきところに2時間弱で
辿り着いた。そのお墓のようなところで坐禅をした。

で、飯食って帰ってきた。

武奈が岳に行きたかったが
バスが朝7時40分からということで。
出町柳に着いたのは10時だったので無理。

また再挑戦したい。
今日も有意義な一日だった。
明日の計画立てよーっと!!
二日連続登山は厳しいので別のことしよ。
そうだカフェ時代の雑誌が山ほどあるから
それ見るか。


sakuraishinya at 20:43コメント(2)

お客さんが親子で訪ねて来られた。




6abbfe82.jpg
昨日は大変たくさんのことで悩んだ。
夜になり新たな結論が出つつある。
一番良い形、シンプルな形を考えて、
また海外での展開も考えれば
答えは見えてきた。

僕も社員もシンプルなのが一番。
でもちゃんと事業として成り立たせなきゃいけない。
ある商品が全く利益出てなかったら
やめるか改善策を打たなきゃ。

一時期は辞める方向にいったけど
うちの取り扱いがなくなれば
困るお客さんたくさんいる。

なので、発送手数料として
一点当たりいくらかもらう形にしたい。
もちろんそのように書いて。
送料無料の欄にも、こちらの商品は例外ですと書く。

とまぁ、そんな感じで行けば
無事利益率も改善し何とか続けられる。


昨日は、kii工房のお客さんと
TwitterとFacebookで知り合い、
娘さんと二人でいらっしゃった。

でコタツに入ってちょうど2時間ぐらい
おしゃべりした。
めちゃ楽しかった。
今度は滋賀の長浜で井戸水で淹れたお茶をどうぞと。

お客さんと会えるのが店の最大の魅力だろうな。
あ、実店舗はギャラリーショップに
名前を変えました。
そんなに商品並んでないので。
どちらかというとここで見て
その場で注文かネット注文のような感じ。

いずれは都心部にも実店舗を出したい。
それをリテイルショップと呼ぶことにした。

なのでオンラインショップ、ギャラリーショップ、リテイルショップの三つで
世界展開したい。


sakuraishinya at 08:24コメント(2)


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで134カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の人生のバイブルです。生きる目的を失っていた頃に出会い、人生がまた輝き出しました。ザ・ボディショップ創業者のアニータ・ロディックさんには本当に感謝感謝です。理念的なグローバルブランドをつくりたい、もしくは理念的な会社で働きたいという方はぜひ読んでみてください。カラー写真入りの大きな本ですので、イメージとして入ってきやすく、本棚にあっても存在感があります。


人生を変えてくれた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の一つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索