2022年07月

2022年07月31日

北九州への出張はとても有意義だった。




IMG_4212

IMG_4203

短い時間だったがとても有意義に過ごすことができた。3年ぶりの花火は残念ながら強風のため中止になってしまったが、その分体力をすべて若松の名店巡りに使った。5〜6店回ったので、いろいろとネタを仕入れることはできたと思う。そして何よりも3人のスタッフに再会することができた!出勤じゃないスタッフもお土産と共に来店してくれて、本当に嬉しい限りだった。

ショールームはオンラインストアのショールームとして始まったが、途中主に訪日外国人の免税拠点として機能し、今は当店の独自コンテンツを制作する素晴らしいスタッフの働く場となっている。スタッフの書いてくれる記事は言語問わず永久保存で、こちらが口酸っぱく理念を唱えなくとも、自然と働く目的となっている。

これからもこの良い循環を広げていきたい。
sakuraishinya at 21:17

2022年07月29日

今日は多分王さんが来た最後の日だろう。




職人.comを卒業して帰国することになった王さん。海外向けの売上が年間5000万を超えるまでになった立役者の一人と言えるだろう。今のスタイルをつくり上げたのだから。

いろいろと最後までケンカしそうになったが(笑)、これが王さんならではの個性、持ち味でもある。またいつか会いたいね。何十年後かになって再会する夢を確か2年ほど前に見たが(笑)。それだけ濃い、実に濃い4年間だった。4年間で三条出店、香港出店・撤退、8言語体制に移行、メディア化、銀座出店、若松出店などを行った。

今日は新しい時代に向けて、妻と二人、串しずか本店さんで決起会を静かに行ってきた。家に酒がないことに気付き、4杯飲んだあとだったが、ブラックニッカをスーパーフレスコさんで買ってきた。24時間開いていて本当に感謝だ。ストレートのウイスキーは睡眠導入剤みたいなもの。実に良い。柳宗理ワイングラスSスガハラのデュオオールドで飲んでいる。
sakuraishinya at 00:45

2022年07月27日

秋田道夫さんの湯のみ、80mm。2時間ほどで完売。




22F6A789-A8E5-47A4-B0B7-BDF199EC779D

10年近く販売させていただいている秋田道夫さんの80mmが数年ぶりに入荷。いやはや、秋田さんのお力添えでわずか2時間で57個完売。今日はそんな日だった。

次回はいつかな。楽しみにしておこう。何しろ外国に一つも販売する間もなく売り切れてしまったので。
https://www.shokunin.com/jp/80mm/

中国朝鮮族の李さんが昨日ついに卒業。8月から外資系コンサルで働く。優秀な方々に支えられている。昔の日記を見ていたら昔から優秀な人に来てもらっていたなぁと。2005年から元ゴールドマンサックスのイギリス人とか。ニュージーランドに農園持っていたりと面白すぎる人だったが。元気かなデイビッド。

そのほかにも京大生には本当にお世話になっている。今も大半が京大や阪大の修士・博士の方々。どんだけ優秀なんだ。それだけやり甲斐のある仕事ってことだろう。今度はとうとう国籍も韓国の方が加わってくれるので、韓国語ページ全体をチェックしてもらおう。中国朝鮮族の言葉とちょっと違うそうなので。

というわけで、これからも爆走していこう。今日は海外が多かった。韓国だけで3件、シンガポールだけで3件だったかな。アメリカや台湾、香港、イギリス、オーストラリアといったお馴染みの場所もあり。随分と変わったな。皆さんのおかげだよ!これからも良い記事や翻訳文を永久保存で発信していこう。
sakuraishinya at 00:16


プロフィール

2004年から日本製工芸品オンラインストアの職人.comを運営しています。これまで134カ国・地域を旅しました(旅行記はこちら)。


僕の失敗続きの人生を取材していただきました。「勤めないという生き方」森健著P.146〜164に書かれています。


5ページにわたり僕の人生や仕事について取材していただきました。「マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑」滝岡幸子著P.100〜104に書かれています。


僕の人生のバイブルです。生きる目的を失っていた頃に出会い、人生がまた輝き出しました。ザ・ボディショップ創業者のアニータ・ロディックさんには本当に感謝感謝です。理念的なグローバルブランドをつくりたい、もしくは理念的な会社で働きたいという方はぜひ読んでみてください。カラー写真入りの大きな本ですので、イメージとして入ってきやすく、本棚にあっても存在感があります。


人生を変えてくれた本です。世界1億部以上の大ベストセラーで、歴史上最も売れた本の一つ。「夢を追求している時は、心は決して傷つかない」など、本の至るところに大事なメッセージがあります。全ての夢を追い求める人、日々の雑務に追われ夢を忘れている人に、心の底からおすすめします。
ツイート
アクセスカウンター

    月別アーカイブ
    記事検索